気持ち事がいい大好きだった私の話




    1
    名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:03:47.12 ID:fgai6Agw0
    若気の至り話です
    そういうのが嫌いな人は読まないほうがいいです。
    質問は適時受け付け
    バレ防止のために一部脚色します


    2おっぱい星人 忍法帖【Lv=16,xxxPT】(2+0:8) ◆WvA//5ecQc []:2012/10/30(火) 20:05:47.08 ID:Xpu1QsrQO
    気持ちいい事柄大好き私


    (´・ω・`)ゴクリ・・・


    3名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:06:05.70 ID:fgai6Agw0
    スレタイ滅茶苦茶www
    気持ちいい事が大好きだった私の話です


    6名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:07:23.18 ID:eE4P+mzQO
    スレタイがわけわかめで開きました


    8名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:08:34.10 ID:fgai6Agw0
    性に目覚めたのは小学校低学年の頃。
    祖父の部屋にあった48手の指南書のような雑誌を
    兄と一緒に覗き見たのがきっかけだったかな。
    一体何をやってるのか理解してないものの
    何故かその雑誌を見つけたことがきっかけでそういうものを探すようになっていました


    9名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:11:00.08 ID:fgai6Agw0
    父の書斎、祖父の書斎、色々な場所を漁ると僅かながらに
    そういう性関連の書籍や雑誌が発見できるんですよね。
    今思えば父はともかく、祖父の部屋にそういうのがあるっていうのは
    ある意味若いなぁと思うんだけどそれはさておき
    見つけたそれを兄と一緒にこっそり読んだりマネッコして
    遊んだりしていたんですよね。
    でもこの頃はそんなに気持ちいいことがどうとかは興味もってなかったんですよね
    





    12名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:13:36.80 ID:fgai6Agw0
    兄とは結構歳の差あるんですけど、そういうゴッコ遊びをしなくなって
    兄が中学生になった頃に兄の部屋からもそういう雑誌とかを発見できるようになったときは
    もう、それこそスネーク!て感じで進入して雑誌を読み漁りました。
    小学生にして性に興味深々というか、隠されると見たくなる性分で
    ぶっちゃけ親もセ●クスしてるんじゃ…と思って覗きに行ったりもしてました。


    16名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:16:15.57 ID:fgai6Agw0
    数日、深夜に両親の寝室近くでスネークして待てどもセ●クス始まらない。
    やっぱりセ●クスとか都市伝説?とか諦めそうになってた4日目、
    両親の寝室から普段は聞きなれない声とベッドのきしむ音。
    これはもしやっと足音を立てないように、呼吸も抑えて忍び足で
    両親の寝室に近づきました。
    この話はするたびに友達に引かれます。
    両親のセ●クス見たがるとか頭おかしいと


    19名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:21:18.34 ID:o56vrZYW0
    >>16

    これはすごいwwww
    引くわwwww


    14名も無き被検体774号+[sage]:2012/10/30(火) 20:14:33.45 ID:57FTHu780
    マネっことは裸なのかな?(`・ω・´)


    18名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:21:02.20 ID:fgai6Agw0
    >>14
    マネッコはそういう体位(挿入なし)とかそういうのです

    ドアは内開きで蝶番の隙間から辛うじて寝室の中が覗けるレベル。
    部屋の中はベッドサイドのほの暗い間接照明の光が幻想的でした。
    体位はバックで父が母を後ろから突いて、その後正上位でFINISH
    そういう感じでした。
    二人とも普段の雰囲気と違ってなんとも言えないエッチな感じに
    とてもどきどきしました。



    21名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:23:29.43 ID:fgai6Agw0
    何が違うって、母の喘ぎ声は色っぽかったし、父の雰囲気もなんだか
    格好いいというか実の父ながら良い身体してるなぁとか
    お風呂場で見る下を向いたしなびたち●ちんが、
    別の生命体のようにそそり立っていたこととか
    ぎっしぎっしときしむベッドの音と、
    「はぁはぁ」「ん、ぁ」と吐き出す呼吸音がなんとも言えない
    見ちゃいけない秘密の行為のように思えて仕方がありませんでした。


    25名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:26:48.69 ID:fgai6Agw0
    こうなってくるとセ●クスしてみたい!と思ってしまうのは
    当然のことだと思うのですが、
    「誰と?」
    問題が当然出てきますよね。
    理想で言えば父なんですが、覗き見したことがバレたら叱られると
    思ってたし、じゃぁ兄と?って考えたのですが中学生になった兄は
    どこか私と距離を置くようなそぶりで言い出すことができませんでした。
    とりあえず自分で何とかしようと思ったわけです


    28名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:30:37.56 ID:fgai6Agw0
    最初は指を入れてみようと思うのですが
    どうにもこうにも気持ちよくないし、根本的に何かが違うんですよね。
    雑誌を読みながら気分を盛り上げて自慰にふけるのは良いけど
    なかなか濡れない(漫画の中の濡れ方とか基準)
    それに私がしたいのはセ●クスであってオ●ニーじゃない。
    どうすればセ●クスしてる感じになるんだろう…
    そこでペットの太郎(雄)を使うことを考えました。
    バター犬という手段を漫画で知った私は
    それにインスピレーションを受けてました。


    31名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:33:30.21 ID:fgai6Agw0
    太郎は室外犬というか、おもいっきり秋田犬です。
    流石に犬小屋でセ●クスやバター犬として頑張ってもらうのは無理があると
    私は「お外だと太郎が寒くて可哀想だと思うの」と必死に両親を説得していました。
    両親や祖父は「犬は外でも大丈夫なんだよ」と私を宥めましたが
    こっちは目的のために必死でした。
    毎日散歩するとか、お風呂もマメに入れるし、足も洗うと約束して
    冬の間は家の中に入れてもいいという許可を貰いました。


    33名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:35:24.23 ID:o56vrZYW0
    >>31

    >>1の執念だなwww


    34名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:35:53.03 ID:fgai6Agw0
    最初のうちは結構大変でした。
    散歩は元々私の役目でもあったのですが、家に上げるたびの足拭きや
    家の中で大人しくしてるようにしつけることとか、マメにお風呂に入れるのは
    小学生の私にとっては結構大変でした。
    でも、こちらは夢のバター犬計画のために淡々と家に誰も居ない時期を待ちました。
    そして学校が終わって誰も居ないその日にバター犬計画を実行しました。


    37名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:39:08.01 ID:fgai6Agw0
    まずは冷蔵庫を物色……バターないしマーガリンでいいよね?
    うんうん、よーしと太郎がいる温室ですっぽんぽんになって
    身体にマーガリンを塗って太郎を呼びました……

    ……素無視されました。
    あれ?犬はバター(マーガリンです)大好きで舐めに繰るんじゃないの?
    と思うものの全く太郎動かず。
    仕方がないので自分から太郎の鼻を乳首にあてがうのですが
    全く舐めません。おかしいなぁ、マーガリンが駄目なのかな?とか
    思いつつとりあえずはマーガリンの味を覚えさせなきゃいけないのかな?
    (今まで一度も舐めさせたことがなかったので)
    手にマーガリン塗って舐めさせようとしたのですが見向きもしません。


    38名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:41:54.34 ID:fgai6Agw0
    小学生の発想で申し訳ないのですが
    「マーガリンが駄目ならイチゴジャムがあるじゃない」
    そう思ってすっぽんぽんのまま台所に赴き、マーガリンの代わりに
    イチゴジャム(アラハタ)のを持ってきて身体に塗りました。
    イチゴジャムは私の大好物でこれならどうだって自分では思っていたのですが

    太郎はまたもイチゴジャムを舐めようとはしませんでした。
    口に擦り付けたりしてなんとか舐めさせようとしたのですが
    全く舐めようともしませんし食べるそぶりも見せてくれませんでした


    42名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:45:14.72 ID:fgai6Agw0
    こうして私の第一次バター犬計画は幕を閉じたのでした。
    おかしい、どうして太郎はマーガリンやジャムを舐めなかったのか。
    自分で考えていたのですが、やはりバターじゃないと駄目なんだ。
    そう思った私はお小遣いでバターを購入することを心に決めていました。
    第二次バター犬計画の始まりでした。

    近所のスーパーでバターだけ購入したら「バター犬に使うと思われないかな」
    と思ってカモフラージュのためにお菓子も購入しました。
    あの時のどきどき感は今でも覚えていますが完璧な杞憂ですよね。


    44名も無き被検体774号+[sage]:2012/10/30(火) 20:47:56.29 ID:rG1/rn5j0
    >>42 杞憂すぎる


    45名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:48:02.30 ID:CijxJe7S0
    >第二次バター犬計画の始まりでした。
    クッソワロタwwwww


    46名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:49:01.82 ID:fgai6Agw0
    バターを買ってきたものの
    冷蔵庫に入れておかなければいけないし
    私はまた時節を待ちました。家に誰も居なくなる日を。
    そして第二次バター犬計画を実行する日が来たのですが
    最初に困ったのはバターが削れないことなんですよね。
    マーガリンは簡単に濡れるけど
    バターはそもそもバターナイフでも削りにくいし、小学生の私には
    ナイフを火に炙って溶かし切るという発想がありませんでした。
    なんとか少しずつ削ってまずは手に乗せて太郎に舐めさせると
    …舐めました!やっぱりバターじゃないと駄目なんだ。
    そんな風に喜んだのも覚えてます。


    47名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:49:09.48 ID:Dk4od1Bl0
    あくなき好奇心と執念
    宇宙の不思議とかに興味持ってたら天才と呼ばれてたかもしれんな


    48名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:52:29.40 ID:fgai6Agw0
    喜び勇んですっぽんぽんになって
    あそこや乳首にバターを塗って準備万端。
    「太郎おいで」

    …きません
    仕方ないのでまた自分から乳首を太郎の口に当てると
    「ぺろ!…」
    と初舐め! あれ?なんかこんなもの?って感じでした。
    もっとぺろぺろするってイメージがあったのですが
    ペロっと一舐めで興味をなくした様子でした。
    「ちょっと、もっとあるから舐めなさい」
    って太郎にバターを舐めさせようにもバターは上手に塗れないし
    塗っても一舐め。
    おかしい、何が間違ってるのかさっぱり自分ではわかりませんでした。
    あそこに塗っても太郎にくんくんされるだけで思っているように舐めてもらえないのです


    49名も無き被検体774号+[sage]:2012/10/30(火) 20:53:34.70 ID:rG1/rn5j0
    第二次バター犬の頃って
    小学校の何年生?


    53 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/30(火) 20:58:29.61 ID:fgai6Agw0
    >>49
    小学5年の頃の話です

    ちょっと両親帰ってきたので一時中断www


    52名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 20:56:20.17 ID:fgai6Agw0
    第2次バター犬戦争はそんな風にして幕を閉じたのですが
    何がいけないのか反省するときに「もしかして愛が足りてない?」
    小学生の頃の自分を殴りにいきたいのですが、真面目にそんなことを考えていました。
    愛情表現=キス 太郎とキスしたりすれば太郎も私の気持ちをわかってくれる
    そう思って太郎とキスしようとすると顔をべろんべろん舐められるだけで
    キスというよりも一方的に舐められるだけの時間が過ぎていきます。
    普通にバター塗ってもこんなに舐めてもらえないのに
    キスしようとすると何でこんなに舐められるの?
    もしかして何も塗らないほうが舐めて貰える?
    そんな仮説を立てて実行したのですが全くの勘違いでした。


    54名も無き被検体774号+[sage]:2012/10/30(火) 20:58:53.70 ID:rG1/rn5j0
    なんでしょうこの
    ほほえましいのにほほえましくない感


    58名も無き被検体774号+[sage]:2012/10/30(火) 21:10:09.56 ID:JOVwt/ky0
    今度からスーパーではり込みして小さい子がバターもってたら
    犬じゃなくてボクが舐めてあげるよって声かけてみる
    >>1ありがとう


    66名も無き被検体774号+[sage]:2012/10/30(火) 21:14:53.49 ID:rG1/rn5j0
    聞いておかねばなるまいか

    >>1のバター犬戦争当時って、
    ぽっちゃり?がり?ふつう?


    67名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 21:21:12.78 ID:CijxJe7S0
    >>66
    そこに気付くとはさすが同士よ
    確かに俺達の妄想に関わる重大な事だ


    88 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:04:20.19 ID:bEAi5S6v0
    両親が寝るのを待ってたら私も寝ちゃったという…

    >>66
    がりがりでしたねー

    第3次バター犬戦争は中学のときなんだけど、
    そこに至るまで私は半ばセ●クス(ばたー犬)を諦めて
    筒状のものを見てはフ●ラチオの練習をするようになっていました。
    きゅうり→いぼいぼが気持ちいい?(嘘)堅すぎる
    茄子→論外。口に入らない
    ソーセージ→やわらかすぎる
    マジックの柄→堅いけど形状が優しくない
    もうベッドの柱とか棒状のものを見ると
    「これ使えるかな?」
    もう頭の中は擬似おちんちんのことで一杯でした


    77名も無き被検体774号+[]:2012/10/30(火) 22:19:42.06 ID:meS3xaiL0
    舐めて貰えなかったのは太郎がメスだったんだろ


    90 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:11:59.41 ID:bEAi5S6v0
    >>77
    太郎は間違いなく雄です

    指とかは入れたりしてもそんなに痛くないのですが
    奥まで届かないのがネックでした。
    「あーん、奥まで一杯!」
    エッチな漫画でよく見かける台詞ですがこれに憧れてました。
    気持ちいいんだろうなって思うと、もううっとりしてました。
    あの頃は何度兄や父にお願いしようかと思ったものですが
    どう考えても変態扱いされる気がして言い出すことは出来ませんでした。


    89 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:08:16.58 ID:bEAi5S6v0
    フ●ラチオの練習をすると次は挿入したくなる。
    縄跳びの柄なんかは最有力候補でしたが
    結局、口に入れたものを入れるという暴挙に出たのですが
    はっきり覚えてるんですけど中途半端に痛いんですよ。
    中途半端に痛いから入れられない。セ●クス(自慰ですけど)できない。
    確かに初体験は痛いって物の本にも書いてありますけど
    初体験は痛くても彼のためなら我慢できる…じゃなくて痛くても無理にしないと
    躊躇してしまうっていうのが真実だと思います
    でも、自分でってなると痛みに躊躇してしまうんですよね。


    92 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:18:18.32 ID:bEAi5S6v0
    私は家にあるものの中でお●んちんになりそうなものを探して周り
    とうとう見つけてしまいました。
    祖父が海外で買ってきた木彫りの人形でした。
    南の島?かどこかのお土産なのかわかりませんが
    先端が丸く、途中にやや凹凸があるもののほぼ棒状に近く
    不要な腰布や手を折ってしまえば使えなくないと思いました。
    また重要なのはしっかりした土台があり自立することでした。
    その日から、私はそれを使うために紙やすりでその南の島の
    お土産を一心不乱に磨いていました。
    滑らかになっていくたびにうっとりとそのおち●ちんに似た人形に
    心奪われていたと言っても過言ではないでしょう


    93名も無き被検体774号+[]:2012/10/31(水) 05:21:54.50 ID:i9IA1YXr0
    >>92
    クソワロタwwwwwww


    94 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:25:35.92 ID:bEAi5S6v0
    その夜私は一心不乱に木彫りの(元)人形を舐めていました
    「よーくぬらしておかないと痛いのはお前だからな」
    エアご主人様に命令されていると言う設定でフ●ラチオを頑張る私。
    そして
    「よし、自分で入れるんだ」
    木彫りの(元)人形に跨って体重を落としていきました。ずず、ずずっと
    入っていく感触。痛いのですがそれでも侵入は止まりません。
    「い、痛い」
    自分でそんな漫画チックなことを言ったのはよーく覚えていますが
    実際に痛かったとしかいいようがありません。
    「奥まで届いてないだろ?」
    エアご主人様の命令には逆らえず一気に腰を落とすと
    身体が貫かれた感覚、しばらくの痙攣、かすかにでも動かすと痛い。
    でも漫画では上下に腰を振って…あ、少し動かしやすいかも?
    痛いけど動かしやすくなってたことで「濡れてる?」と重い
    ゆっくり腰を上下に動かしていました。
    脳内麻薬でも出てたんでしょうか?
    痛いけどセ●クスしてる(オ●ニーです)
    そんな喜びと自分が濡れてるというその事で何かが壊れてたのかもしれません。


    96 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:30:11.54 ID:bEAi5S6v0
    セ●クス(オ●ニーです)してる喜びに
    腰を振って興奮する私。
    痛いけど、何故か止められない。
    これが気持ちいいってことなのかな?
    そんなことを思いながらゆっくり上下に出し入れするのですが
    普段使わない筋肉を酷使したからか、結構あっさり疲れてしまい継続不可能に。
    ゆっくり木彫りの(元)人形を抜くとそれは鮮血の赤に染まっていました。
    貫通したんだという喜びもありましたが、
    冷静に考えると濡れてたと思ってたのは多分血ですね。
    その後、血に染まったそれをティッシュでふき取り、タオルに付着した血の処理を
    頑張ったのですが結局タオルは新聞紙で繰るんで破棄することにしました。


    95名も無き被検体774号+[]:2012/10/31(水) 05:29:42.26 ID:i9IA1YXr0
    >>94

    このとき何歳?ww
    性欲にまみれすぎだろwww
    女子ってこんなんなの?


    99 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:33:59.39 ID:bEAi5S6v0
    >>95
    11歳くらいです。
    小6の時なので。
    性欲というかセ●クスへの憧れが強かったとしか。

    その日の睡眠は安らかなものでしたが翌日には地獄が待っていました。
    痛いんです。歩くのは勿論、起きる野も痛い。そこに何かが寄生してるんじゃないかって
    そんな違和感が一杯残ってて、もしかして木彫りの(元)人形の怨念が
    そこに何かを残したんじゃないかって一瞬疑うくらいに本当に痛かったです。
    幼かった私は「木彫りの人形に妊娠させられた?」と一瞬考えましたが
    とにかくその日は「おなか痛い」と母に言って学校を休む羽目になりました。



    100 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:36:27.00 ID:bEAi5S6v0
    家に一人居ると、またセ●クス(オ●ニー)がしたくなってくる
    そして例の(元)木彫りの人形を枕元においてぺろぺろ舐めるのですが
    挿入となると痛みを思い出すのと、実際痛くてセ●クス(オ●ニー)することができません
    「どうしたの?私」
    悲劇のヒロインみたいに呟きましたが、心はセ●クス(オ●ニー)したいけど
    身体は拒否ってるって感じで、その日は結局セ●クス(オ●ニー)できませんでした。


    102 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:39:26.88 ID:bEAi5S6v0
    その後、何度かまたセ●クス(オ●ニー)を試すのですが
    なかなか勇気が湧いてきません。また痛くなったらどうしよう…
    そんなことから「したいのにできない」というジレンマに襲われていました。

    同時期、漫画で見た「乳首に洗濯ばさみ」も試しましたが、これも
    痛いっ!という感想はあるのですが気持ちいいとか全く思えず
    三回位試して断念しました。


    105 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:43:00.65 ID:bEAi5S6v0
    結局、その後血染めの(元)木彫りの人形が日の目を見る事はありませんでした。
    どうみても呪われた道具にしか見えなかったことと木に血が染み込んでしまったのか
    なんとも禍々しいものにしか見えず、試そうにも恐怖がよみがえると言うことで
    普通ごみと一緒に破棄してしまいました。
    「さようなら…私の初めての人(人形)…」
    そんなセンチメンタルな気分は全くありませんでした


    106 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:46:10.18 ID:bEAi5S6v0
    私もこんな馬鹿なことばっかりしていましたが、
    表向きは真面目に勉強をして私学に合格。
    立派な中学生になって期待していたのは
    「彼氏を作ってセ●クス!」
    これでした。
    「小学校の頃は男子ってガキばっかだし」
    そんな小6病の私は中学生になったら彼氏が出来る
    そして彼氏とセ●クスという中2病に掛かっていました。
    「彼氏はやっぱりセ●クスが上手な人じゃないとね!」
    とか、みんなに言ってた自分を殴り殺しに行きたいです。助けてーどらえもん


    109 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:49:04.76 ID:bEAi5S6v0
    私は典型的な中2病患者で彼氏=年上のイケメンとか思っていました。
    同年代?ガキじゃんとか思っていたのと、新條まゆ先生の漫画に登場するような
    「マフィアのボスが私をさらいに来る」とか真面目に思っていましたし、
    「普段はつんつんしてるけどでも実は優しい(でも強引)」な彼氏がいいなとか
    みんなに喋ってましたね。よく、自殺しなかったよねって自分でも思います
    http://amazon.co.jp/o/ASIN/4091377300/


    110名も無き被検体774号+[]:2012/10/31(水) 05:51:39.01 ID:ScV3RuAk0
    マフィアのボスが私をさらいに来るwww


    111 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:52:38.36 ID:bEAi5S6v0
    私学までは電車通学だったのですが、電車の中では本を読みながら
    「私の魅力(ねーよ)に惑わされた大人が私に痴漢をしてくるかもしれない」
    そんなことを考えて、電車では必ず立って本を読んでいたのですが
    別に満員電車ってわけでもないし、通勤ラッシュとかち合うこともない。
    つまりは痴漢に会うこともないわけですが、当時の私はそういう妄想ばっかりしてました。
    友達に会うと妄想終了。よく見かけるサラリーマンが自分を狙ってる…とか思ってました。
    サラリーマンの人ごめんなさい。


    112 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:54:52.70 ID:bEAi5S6v0
    真面目な私学は刺激的なイベントもなく、精々が男子がエッチな本を持ってくるくらい。
    「男子ってサイテー」とか友達が言うのに同調しながらも
    「あーそれ見せて欲しい」と言えないシャイな私。というか
    一部ボーイッシュ(自称)な友達が堂々と「それ見せて」とかいいに言ってるのを見て
    「なに?あのビッチ」とか罵っていました。その節はすみませんでした。


    114 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 05:58:17.15 ID:bEAi5S6v0
    第3次バター犬大戦が勃発したのはその頃でした。
    太郎を散歩に連れて行っていたときにふと思い出したのですが
    私が小さい頃、散歩に連れて行くときに太郎が私の腰に掴まって
    腰をかくかくさせていたのを思い出しました。
    「あれってもしかしてセ●クス?」
    当時は鎖を繋ぐのにあれをされると邪魔だったので
    「もう、太郎!お座り!」って怒っていましたが
    私は自分の無知にこそ怒っていました。
    そう、犬だってセ●クスするんだ!どうしてそんな初歩的なことに
    気がつかなかったんだろう……
    そして私は冬を待ちました。
    太郎が家の中に入ってこられるその時期を。


    115名も無き被検体774号+[]:2012/10/31(水) 06:01:09.87 ID:i9IA1YXr0
    >>114
    もはやバター犬ではない件


    116 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:01:44.61 ID:bEAi5S6v0
    家から急いで帰って全裸になって太郎に抱きついたりして
    「太郎、私に欲情していいんだからね?」
    とかほざいていました。
    太郎は嫌がったりもしないのですが、積極的に私を求めてもきませんでした。
    「あ、バターが足りないんだ」
    冷蔵庫の中にあったバターを舐めさせると太郎はそれをぺろぺろ舐めるのですが
    その日の目的はセ●クスでバター犬ではなく、
    でもぺろぺろされるとこっちが興奮して、もうこれはセックスするしかないって
    気分になっていました。
    「太郎 セ●クス、」「太郎、セ●クス」
    犬に何を言ってるんでしょうね。


    118 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:04:45.04 ID:bEAi5S6v0
    「太郎 散歩いこっか?」
    と言うと、喜んで尻尾を振るものの昔みたいに抱きついて腰を振ってこない太郎。
    あの頃は散歩って言うと必ず抱きついてきたのに何で?と思うものの
    散歩と言ってしまったのでその日は仕方なく散歩に行くことに(服は着ました)
    「太郎っておち●ちんあるよね?」一応確認すると
    なんか、人間のじゃないけど赤いお●んちん(赤って表現が妥当)はあったので
    太郎(実はメス犬疑惑)はなくなって一安心。


    121 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:08:47.79 ID:bEAi5S6v0
    お●んちんがあると言う事は勃起したら興奮する。
    興奮したらセ●クスしたがるに違いないと私はその頃から太郎のおちんちんを
    弄るようになりました。
    最初の頃は結構、嫌がってたようですが、慣れてくると結構気持ちよさそうにはしていたとオム氏
    お●んちんも思った以上に大きく堅くなっていました。
    が、セ●クスしたがる様子は全くなく私が全裸で四つんばいになって
    「太郎、おいで」と誘っても跨ってきません。
    メス犬でないと駄目?でも、昔は腰振ってたのになんで?
    そんな疑問が常にありました。
    フ●ラチオはふた舐め位で断念。生臭いというか、おしっこ臭いというか
    軽く吐き出しそうな匂い(獣臭?)がして正直
    美味しいとは思えなかったのも理由の一つです。


    122名も無き被検体774号+[]:2012/10/31(水) 06:09:45.72 ID:K37r3IEg0
    おい…


    124 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:12:23.34 ID:bEAi5S6v0
    後で知ったのですが、太郎は去勢してたんですよね。
    去勢手術そのものは知ってたのですが
    去勢=ち●ちんを切っちゃう事と思ってたので
    太郎はお●んちんがある=去勢してないと思っていました。
    「太郎って去勢してないよね?」「してるよ?」
    おじいちゃんに言われて結構ショックでした。
    「でも、太郎お●んちんあるじゃん」「去勢っていうのはたまたまを取るんだよ」
    「たまたま?」「男にはキ●玉があって…」
    キ●玉が一体おちんちんとどういう関係が?え?ってあの時は自分の世界が
    ひっくり返ったような気分になりました。


    126 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:14:27.28 ID:bEAi5S6v0
    小学校の頃に「男子の股間をむやみに蹴ってはいけません」
    「触ってはいけません」と先生に言われていましたが
    私にとって男子の股間は「ち●ちん」のある場所で
    「たまたま」の存在を認識していませんでした。
    そのため男子との喧嘩では躊躇なく股間を狙っていました。
    ちん●んが痛い程度で動けないなんて男子ってなんて貧弱なのとか
    思っていました。ごめんなさい。


    128名も無き被検体774号+[sage]:2012/10/31(水) 06:17:02.08 ID:IgN0jocq0
    >>126
    鬼かwwwwwwこれ見てる男戦慄したぞwwwwwww


    127 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:16:30.71 ID:bEAi5S6v0
    おじいちゃんの説明で太郎は子供が作れない=セ●クスができないと
    私は理解していました。
    なんでそんな酷いことするの?とか食って掛かっておじいちゃんごめんなさい。
    でないと太郎が私を孕ませてしまうからだよね(違います)
    でも、そういう発情期に他家のメス犬を孕ませたりする可能性があるからか
    大人しくさせるために去勢手術ってするそうです。


    129 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:21:33.50 ID:bEAi5S6v0
    こうして第3次バター犬大戦MEGAMAXは終了しました。

    そして中学時代の話ですが、あの頃は中2病全開で
    中途半端なオカルトに被れていました。
    元々自社仏閣とかも好きで黄昏時のお寺の境内で
    「ふふ、この世とあの世の境目が訪れたようね」
    とか怪しげな台詞を吐いたり、お寺に通うミステリアスな少女(設定)のために
    用事ないのにお寺に通って檀家さんと仲良くなってお菓子を貰ったりしてました。
    理想で言えばキリスト教系の施設があったらよかったのですが
    学校の近所は寺ばっかりで教会とかなかったんですよね。

    この辺りの話は気持ちいい話とあんまり関係ありません


    132 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 06:26:46.47 ID:bEAi5S6v0
    学校で特定の部活に参加せず(私が入ってもいいと思える面白そうな部活がなかったから)
    帰宅部といいながら寺により、図書館で本を借りて読みふける少女。
    全く出会いもフラグも立ちはしませんでした。
    夕方に食べるお菓子には事欠きませんでしたが、セックスする機会は本当になく
    お寺で毎晩繰り広げられる痴態の極み!あー!とかもなく
    ご住職も優しい方でした。でも子供3人作ってるってことは?とか思っててごめんなさい。
    その当時はたまにノーパンで電車に乗ったりしていましたが、やはり痴漢には会いませんでした。
    私は一体痴漢に何を求めてたんだと思うのですが、
    年上の彼氏をどうすれば出会えるのか(運命の出会い)とか思っていました。
    出会い系?とかそういうビッチな出会いには興味がありませんでした。


    149 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 12:30:42.56 ID:p8Xtiflo0
    そんな私が痛い目に会ったのは中2病真っ盛りの中学2年の秋です。
    その日は学校の後、個人指導の塾で勉強して真っすぐ家に帰ればいいものを
    相変わらず中2病真っ盛りだった私は夜の山寺散策を一人で敢行していました。
    夜の山寺そのものは山門は締まっているのものの、参道は人気も少なく
    それこそ魑魅魍魎でも本当に出そうな雰囲気でした。
    時間も時間で道は暗く参拝客もいない時間。
    それこそ何かイベントでも起きそうな雰囲気を楽しみながら歩いていると
    猫に餌をやってるおじさんに会いました。


    150 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 12:35:24.70 ID:p8Xtiflo0
    おじさんと言うと失礼なのですが
    お寺の近くに住む大学生で襤褸屋の軒先で
    野良猫に残飯をあげていました。
    私は自他ともに認める猫大好きっ子で
    猫好きに悪い人はいないとか思いこんでいました。
    野良猫にご飯をあげる=いい人
    そう勝手に思い込んでいました。
    塾には週2で通っていたのですが、同時に私はそのおじさんの
    家の軒先に赴き猫に餌(パンとか)をあげるようになっていました。

    通って2週間ほどで家に上げてもらい、
    2回目の時に「○△□」されました。


    152 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 12:37:35.86 ID:p8Xtiflo0
    おじさんは何かの悪霊にでも憑依されていたのかって
    位に別人のように怖かったのは忘れもしません。
    見上げる顔がよく見えずに怖かったのはよーく覚えています


    153名も無き被検体774号+[]:2012/10/31(水) 12:41:58.16 ID:+r8VHIiZ0
    先生!肝心なところが省略されてます


    155 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 12:48:20.60 ID:p8Xtiflo0
    肝心の気持ちいいとか良くないって部分は正直なところ
    「砂糖が入ってないフレンチトースト」
    位に微妙な感想しかないのですが、△○×□そのものは痛いというよりも
    気持ち悪い(おもに舌の感触)という感想が大半で
    特に舌は太郎の舌になんとなく似ているような感じでした。
    「いやぁ、こんなので感じたくないのに…!」
    のような悲壮感も全くありませんでした。

    暗い話は置いておきますが、私の中ではあれは△○×□にカウントされていません。


    156名も無き被検体774号+[]:2012/10/31(水) 12:52:01.09 ID:bEFhFbPc0
    その男はタイーホされた?


    158 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 12:57:23.30 ID:p8Xtiflo0
    >>156
    実家が九州らしいのですが、
    ある日訪れるとおじさんは大学を中退して実家に帰ったと
    そういう情報を近所のおばさんから聞きました。

    中学時代はそういう事もあったからか少し大人しい目立たない
    地味な中2病患者でした。
    私が覚醒するのは高校時代からなのですが、
    少し席を外すのでまた改めてお話します


    157 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/10/31(水) 12:54:28.95 ID:p8Xtiflo0
    帰り道、犬にでも噛まれたと思って忘れようと思いつつも
    妊娠してたらどうしようという漠然とした不安はあったものの
    運よく月のものに恵まれ一安心。
    単純にラッキーだっただけなのですが、
    その当時の私はその幸運さを全く認識していませんでした。
    初体験なのに痛くない=入ってなかったというのが
    私の認識だったりします。
    なのであれはノーカウント
    あのおじさんは私に入れる前に出しちゃったのです


    248 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:18:57.96 ID:o/dOT8nc0
    中学時代の中2病は高校になると鳴りを潜めていました。
    当時からの友人に言わせれば
    「最近おかしな事を言わなくなったよね」
    「愚かな」とか「大衆」とか「あなたにはわからない」
    とか、その頃の中2病患者が言いそうなことを私は言っていましたし
    件の叔父さんも「奴ら」に消された と言うことになっていました。
    そんな私がそういう病気から卒業できたのは漸くやってきた思春期が原因でした。
    私は高校時代に思春期がやってきました。


    253 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:26:57.60 ID:o/dOT8nc0
    それまでの私「お子様の恋愛ゴッコに付き合っている暇はないの」とか内心思っていましたし
    実際、その頃は異性よりも異世界に興味がありました。
    セ●クスに対する興味も本当にその頃は……鳴りを潜めてました。
    どちらかと言えば「運命」とかそういうロマンチックなことが大好きだったのです。

    ですが、私も高校になると普通に好きな男子ができました。
    好きな男子を思って妄想にふけっていました。
    「いきなり身体を求められたらどうしよう?」
    付き合ってもいない相手との恋愛を想定して私は色々とシミュレーションしました。
    今思うとその頃も若干中2病の残渣が残っていたのでしょうね。
    「結婚するまでは処女でいなくちゃ駄目だよね」
    …色々と突っ込みどころはあると思うのですが、
    何かの漫画(兄の蔵書)に「後ろの穴を使うことで処女を保つ」
    そういう場面が描かれており。
    私はそれを「格好いい!}と思ってしまいました。


    254 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:31:55.13 ID:o/dOT8nc0
    とは言うものの、高校にもなると流石にファンタジーと現実の区別が
    少しは出来るようになっており、やおい穴というものは存在しないことや
    ア●ルセ●クスなんかしたらうんちが付いちゃうという現実を認識していました。
    漫画じゃ洗っている描写なんか存在しないけどお尻の中も綺麗にしないと
    ア●ルセ●クスできないよね…
    そう思ってボディーソープで洗ったときはちょっと大変でした。
    (どうなるかは各自でご確認ください)
    結局、シャワーでお湯を入れる…とかウォシュレットで入れるのが
    無難だと辿り着くまでに結構な犠牲を支払っていました。


    255 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:35:50.92 ID:o/dOT8nc0
    そうして洗った(お風呂の前後)後、自分の部屋でア●ルセ●クスの模擬戦を
    行おうとしたのですが、もうあの木彫りの(元)人形はありません。
    仕方なく胡瓜に鑢をかけていぼをとって代用品として使ったのですが
    胡瓜とは剛性に欠け、体重をかけるとパキっと折れてしまいました。
    あの時は本当にお尻から胡瓜が抜けなくなったらどうしようと焦ったものです。
    トイレでいきむこと数分で無事出産できた事は幸いで
    万が一家族に露見していたなら私はこの世には居なかったかもしれません。


    257 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:40:48.06 ID:o/dOT8nc0
    その頃は微妙に腐りかけてもいたので、男装女子にも憧れ
    兄の部屋からトランクスを借り(ぶかぶかでしたが)
    それを履いてア●ル○▽×□の練習に励んだりしていました。
    脱いだら女だった、でも○×□▽はア●ルという、ちょっと何言ってるのか
    わからない設定でお尻の穴に色々なものを入れては見たのですが
    結局のところ入るのは入るんだけど気持ちいい?……のかな?
    そういう疑問は少しはあったものの
    「○ヌスを差し出すことで処女を守ろうとする女」
    ということに満足して1年が経過していました。


    258 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:46:27.61 ID:o/dOT8nc0
    現実は漫画やラノベのようには行かないもので、
    地味な私よりも派手な子のほうが実際もてていました。
    男子に気さくに声を掛ける子や、どう見ても媚びてますよね_
    キャラ作ってるよね?って子のほうがもてるんです。
    おかしいなぁ、ラノベとじゃビッチはモンスターに▽されるポジションなのに
    現実ではクラスの中心核になってるんですよね。
    私はというと高校1年目から委員長キャラという
    そこそこ美味しい立ち位置に居たはずなのに
    全くなーんにもフラグのフの字も立ちはしませんでした。
    まだ小学生の頃のほうがスカートめくりされたり男子との接点があった気さえしました。


    259 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:52:25.93 ID:o/dOT8nc0
    2年目にようやく「待っていてもイベントは起きない」と悟りました。
    好きな男子に話しかけたりもしないで「実は俺もキミのことが…」のような
    都合のいい展開はありえない。
    話しかけたりしないと高感度もあがらないよねと、…

    このあたり飛ばして気持ちいい事の話にしましょうか。

    大学になると経験してない=おかしいみたいな空気があるんですよね
    これは女子の理屈だと思うのですけど、彼氏が居ない=彼氏ができない
    と思われる空気があって、そういう価値観を持った集団に属すると
    出会いはあるけど…って感じでした。


    260 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 04:55:53.31 ID:o/dOT8nc0
    私はといえば、彼氏は居たことがあるものの……

    合コンが大嫌いでした。
    私の嫌いな男四天王に
    ・茶髪
    ・ピアス
    ・チャラい
    ・イケメン
    というのがあるのですが、その四天王の参加率が高いのが合コンで
    「ねぇキミ処女じゃない?」と聞かれることが多く、
    「違います」っていうと、信じてもらえてないのか
    遊んでるのかとか絡まれるのが果てしなくうざったいと思っていました。


    262 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:01:15.61 ID:o/dOT8nc0
    会ってその日に「抜け出して二人で飲みにいかない?」と誘ってくるのは
    どう見ても100%身体目当てでそんな男に着いて行こうとは露ほども思いませんでした。
    私は相変わらず同年代はガキだと思うようになっていたのもあって
    付き合うなら年上がいいなと思っていました。

    中略します

    初めて縛られた感想は本当に全く動けないというものでした。


    263名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 05:02:35.94 ID:0VuM/DvX0
    え?


    264 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:04:04.70 ID:o/dOT8nc0
    赤い縄で身体を拘束されて動けない状態で鞭を受ける。
    痛いけど回避できない。
    痛みは些少で我慢できないものでもない。
    でも、いつ打たれるかがわからない。
    急に身体のどこかで痛みが信号となって登ってくる。
    弱い刺激にさえ神経が集中してしまう。
    人間ずっと力を入れ続けられないように
    緊張しっぱなしで鞭を受けてる状態で居られない。
    途中から我慢することを放棄していました。


    266 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:07:03.32 ID:o/dOT8nc0
    声が勝手に出る。
    気持ちいいというよりもそうするのが楽だから。
    刺激を素直に受け入れていると頭の奥がボーっとする感じ。
    されるがままの自分、かわいそうな自分に酔いしれていました。
    泣いてる自分を抱きしめてもらってよしよしと褒めてもらうと
    さらに泣けてきてしまうのです。

    中略しすぎましたので少し戻します。


    268 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:10:49.65 ID:o/dOT8nc0
    高校2年になって私は学級委員長兼文化祭実行委員をやっていました。
    副委員には私が憎からず思っている眼鏡君が指名されたことで私は
    これはチャンスだと思っていました。
    といっても学校内での会話の9割は事務的・業務的なもので
    私も思春期に入って異性に対して過度に意識しすぎて、ついつんつんした
    言い方をしてしまうし、「ありがとう」とかにこやかに笑って可愛い女の子
    アピールとか出来ませんでした。
    チャンスが訪れたのは文化祭の準備のために道具を用意する→家ですればいいじゃない?
    と眼鏡君の家に行く機会を私はものにしていました。


    269 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:13:16.59 ID:o/dOT8nc0
    眼鏡君の家は学校の近所で人生初…の男子の家でした。
    眼鏡君の家は、おばあちゃん、ご両親、弟くん、妹さん、眼鏡くんの6人家族で
    訪問したのは日曜日。
    家族総出で出迎えてもらって大変緊張したのを覚えています。

    こんなストロベリーな話聞きたいですか?


    275 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:22:52.80 ID:o/dOT8nc0
    眼鏡くんのご家族に挨拶して眼鏡君の部屋で一緒に作業。
    てきぱきてきぱきと作業をこなすとさくさく進んでいくものの
    全く甘い会話とかないまま時間だけが過ぎていきました。
    途中眼鏡君のお母さんが飲み物とお菓子を持ってきてくださって
    そのことを眼鏡くんが少し怒り気味に非難(自分で取りにいくとか)
    していたのは覚えています。
    お昼はご家族と一緒にそうめんを頂いたのですが、その際に
    「お兄ちゃんの彼女?」って聞かれて眼鏡くんに否定されたのはよく覚えています。
    眼鏡くんのお母さんに「眼鏡くんが女の子を家に連れてきたのは初めて」だと聞いたり、
    眼鏡くんのお父さんが一言も喋らなかったり、
    おばあちゃんが色々なお漬物とかを勧めてくれたり
    アットホームな雰囲気のいい家だなって印象でした。


    276 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:28:17.92 ID:o/dOT8nc0
    昼食後、洗い物を手伝おうとしたのですが遠慮されてしまい
    またそそくさと2階に戻って作業再開。
    といっても中盤以降は私は何もすることがなく、
    「その辺の本でも読んでおいてよ」
    といわれて本棚の本を読んで作業が終わるのを待っていました。
    時折「何か手伝うよ」といっても特に手伝わせてもらえず、
    ただ漫画を読んでいました。
    漫画は普通の漫画で棚にも怪しげな漫画も置いていませんし
    ふとベッドに目をやりました。
    「男子はベッドの下にエッチな本を隠してる」という都市伝説を元に
    ベッドに乗って枕の下とかをごそごそ(眼鏡くん同じ部屋の中にいます)
    ベッドに乗ると眼鏡君の匂いがしました。
    枕からは男の子の匂いがしてなんとなく匂っていました


    277 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:32:33.20 ID:o/dOT8nc0
    「ちょww何してるんだよ?」
    「ん?エッチな本とか隠してないかなって」
    好きな男の子の部屋に来て何をやってるんですか?と聞かれそうですけど
    正直、ずーっと一緒に居て何もないと家捜ししたくなるのは仕方がないことだと思います。
    ベッドのお布団の下に何か雑誌を発見して、見ようとすると眼鏡くんにのしかかられ
    「見るな!」といわれて、「いいでしょ別に」と少し揉み合うような感じで
    その雑誌を取り合ってたら
    「お母さん、お兄ちゃんたちエッチしてる!」
    妹ちゃんの叫び声が聞こえて血の気が引きました。


    278 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:39:20.47 ID:o/dOT8nc0
    その後、眼鏡くんのお母さんが「もう、馬鹿なこと言わないの」
    といいながら飲み物とお菓子を持ってきてくれて、でもなんか気まずい雰囲気になって
    駅まで送ってもらう時もなんとなく緊張した雰囲気でした。
    お互いにごめん、ごめんねと謝ってばっかりでした。

    でも、2回目の訪問時は私は普通に眼鏡くんのベッドでごろごろしていました。
    眼鏡くんの家は日曜日なのに全員家に居るんだと不思議に思ったことがあります。
    2回訪れるとなれたもので二回目にして眼鏡くんの隠し持ってた雑誌を寝そべって
    普通に読んだり、朗読していました。
    「あん、そんなに激しくされたら壊れちゃう(棒読み)」
    「止めろよな」
    「こういうのが好き?」
    「黙れ」
    「大きな声だしたらまた妹ちゃん見に来ちゃうよ」
    自分で自分を殴りたいですが、その頃はなんとなくですが
    眼鏡くんも私のことを好き、か、嫌いだと思っていないって認識していて
    結構精神的に優位に立ったつもりだったんですよね。
    そういう状態になるとなんとなくですが強気になっちゃうんですよ。


    280 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:43:44.48 ID:o/dOT8nc0
    その頃から一緒に買い物(デート)したり、するようになったりしたのですが
    問題は眼鏡くんが一向に私に手を出してこないことでした。
    確かに眼鏡くんの実家はいつ行っても家族総出だし、妹ちゃんも隣の部屋だし
    あそこでことに及ぶのは流石の私でも無理だと思っていました。
    でも、駅のホームで別れ際にキスくらいあってもいいのでは?とか思っているのに何もない。
    こうなると結構不安になってくるもので、流石にウザイと思われた?とか
    嫌われたのかな?と一人でネガティブになっていました。


    282 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:49:04.30 ID:o/dOT8nc0
    クリスマスは毎年のように家族でパーティーして特に誘われたりもしなかったし
    バレンタインにチョコをあげたものの「義理だからね」という余計な一言が
    駄目だったのか、それ以上の距離は縮まらず気がつけば3年生、
    受験シーズン到来です。
    3年のとき、私は風紀委員長をやっていましたけど、
    別に竹刀を持って校内を取り締まるとかそういう権限はなく、
    持ち物検査したり校門前で服装チェックしたりとそんな程度でした。


    283 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:53:40.33 ID:o/dOT8nc0
    風紀委員長をしながらも文化祭実行委員は何故か今年も私と眼鏡君
    もしかしたら周囲の何らかの策謀によるものかもしれませんが、
    その時期にまた眼鏡君の家を訪問することになりました。
    相変わらず日曜日は家族そろって在宅なんですね…と思ったものの
    去年までの私とは違うとお昼ご飯を一緒に作らせて貰ったり洗物もさせてもらえるように
    なりました。
    弟くんに服を汚されたときは洗濯機(2層式のを始めて見ました)を
    使わせてもらったりと前の年に比べてだいぶ打ち解けられてた気はします。


    284 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 05:57:21.84 ID:o/dOT8nc0
    肝心の眼鏡くんは「そんなことしなくていいって」となんか切れ気味
    学校でのクールキャラはどこにいったんだって感じでしたけど
    私は基本マイペースで、決めたらまっすぐやると眼鏡くんの意見はスルーして
    お母さんたちと和気藹々としていました。
    作業は初期は一緒にすることがあるのですが、中盤以降はまた眼鏡くんの独壇場。
    なのでまたベッドでごろごろ
    「お姉ちゃん、漫画ばっかり読んでるね」
    と妹ちゃんに言われたことがあるくらいです


    287 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 06:00:58.05 ID:o/dOT8nc0
    その頃は巧妙にエッチな雑誌とかは隠されてて家捜ししてもめぼしい物は発見できず
    「エッチな本どこ?」
    「ねーよ」
    「うそつきーみーせーて」
    「ねーよ」
    そんなやり取りでしたね。
    普通に眼鏡君のベッドで夕方まで寝たりとか…でも何もされた形跡はなかったりとか
    それはそれで乙女のプライドに関わることで流石にこれは駄目なのかな?
    とかその頃は思っていました。


    288 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 06:03:50.67 ID:o/dOT8nc0
    その頃は普通に眼鏡家で夕飯までご馳走になったりしてたのですが、
    夜道に送ってもらっても全くノーアクション。こいつ……とまぁ腹が立ったので
    眼鏡家近くの公園に眼鏡くんを連れて行ったんですよ。
    「少し遠回りしたいんだけど」と。

    思い出すと恥ずかしいので中略


    290 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 06:12:22.61 ID:o/dOT8nc0
    公園のブランコを漕ぎながら「(告白しよう、当たって砕けよう)」
    そう思っていたのですが、なかなか言い出せないんですよ。
    次のひと漕ぎで、次のひと漕ぎこそ本当にとか思い始めるとなかなか言い出せないし
    眼鏡くんは「何かあったのか?」とか聞いてくるしで段々とイライラし始めて
    ブランコから飛び降りて眼鏡くんの胸倉を掴んで
    「あんたねぇ……私のこと嫌いなの?」
    「え?」
    なんで私が切れてるんだって自分でも思うんだけどテンパってたのもあるし
    私の気持ちにいい加減に気がつけこのバカ眼鏡って怒り心頭だったんです


    291 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 06:16:44.17 ID:o/dOT8nc0
    「普通女の子がベッドで寝てたら襲うでしょ?」
    家族が家に居たら無理ですよねー、あとどこの世界の普通なんだか
    「そんなに魅力ない?そうだよね。眼鏡くんおっぱい大きいの好きだよね」
    いやー、まぁ、男の子って総じて胸大きいの好きだよね。▽ね
    「いや、そんなことないけど」
    「そんなことないならどういうつもり?」
    何故告白するつもりがお説教してるんだろうとか思ってもこっちは
    なんか一人緊張しててバカみたいだーと切れてる上体だったし暴走してたんだとおもう。


    292 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 06:22:17.17 ID:o/dOT8nc0
    そもそも男子の胸倉を掴むような暴力女を好きになる女なんか居ないよねと思うのですが
    あの時は結構余裕なくって嫌いなら嫌いっていわせよう。
    中途半端に期待させんなバカって感じでした。
    「私のこと嫌い?」
    「そんなことない」
    「じゃぁどう思ってるの?」
    「嫌いじゃない」
    「好きなの?嫌いなの?」
    「…好き」

    ・・・・・・告白強要させてる私はどう見てもDQNかメンヘラですよね


    293 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 06:25:29.06 ID:o/dOT8nc0
    「エッチしたい?」
    「……」
    「したいの?したくないの?」
    「…そりゃしたいけど」
    「したいけどなに?あーもーイライラする」
    私ってなんて短気なんでしょうね。江戸っ子だからでしょうか
    「…さんがそういうこと嫌だったらって思ったら」
    「はぁ?私がいつエッチが嫌だって言ったの?」
    「……」
    「何年何月何時何分何秒?」
    「……」
    「言ってないよね?」
    「……」

    …黒歴史ですね。もう


    296 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 06:29:31.08 ID:o/dOT8nc0
    「好きだったら黙ってキスしやがれ」
    なんで私から眼鏡くんの唇を奪ってる上に、舌絡めてるんでしょうね。夜の公園で。
    しかも、眼鏡くんの股間触って
    「堅くなってる…」
    とかとんだビッチですよ・
    眼鏡くんもそれに興奮したのか私を抱きしめて尻を触ってくるですし
    そこで冷静になって周囲を見ると野外じゃないですか。
    これは駄目だ……なんとかしないとって
    「今日はここまで……続きはまた今度」
    と距離をとったものの眼鏡くんの目はどう見ても物足りないって感じでした。

    そろそろ出かけちゃいますので中断します


    305名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 07:42:48.47 ID:pvviqxMV0
    くそわろたwwwww
    痴女編だけ見たらこんなJKいねえよwww
    とか普通思うけど、最初から読んでるとイタかわいい>>1ならあるな、と思えるのが凄いわwwwww


    326 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 14:16:25.82 ID:naT7mq0T0
    誘っておいて逃げる。全く最低な女ですね!
    自分でもそう思うのですが、今度は触れるだけのキスをして
    駅まで送ってもらって別れ際に
    「また今度続きしようね」
    そう言ったのは良いけれど電車の中で
    「今度続き……続きってやっぱり○×△□?それとも○△□?」
    受験生なのに一体何を考えてるんでしょうね
    あのときは手を出してこない眼鏡君にいらいらしたものの、
    帰りの電車の中では「やっちゃった(キスを)」と
    悶々としながら自分の大胆さ加減に顔から火が出そうでした。


    330 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 14:22:24.96 ID:naT7mq0T0
    その日からどうも眼鏡君の様子がおかしいんです。
    こちらをちらちら見てくるし、あんなに消極的だった眼鏡君が
    自分から話しかけたりしてくるんです。
    もう自分の彼女気どりですか?と迄は言わないものの
    流石に顔から立ち上がる禍々しいオーラが私にはありありと感じられました。
    例えるならあの猫のおじさんのような少し獣染みた様な雰囲気とても言うのでしょうか。
    自分たちが受験生で本文は勉強だということを理解していない様子でした。
    「今日暇かな」
    「ごめん、今日塾」
    「じゃぁ、明日は?」
    「明日は家庭教師」
    「じゃぁ今度の日曜日…」
    「日曜日は家族で…」
    そんなに続きがしたいんですか……そういうプレッシャーに弱い私は
    逃げ回っていました。ええ、何がしたいんでしょうね


    332 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 14:32:58.83 ID:naT7mq0T0
    実際受験生でもあったわけですし色恋にうつつを抜かしている暇はないわけで
    でも、図書館で一緒に勉強したりはしました。
    全く私もサービス精神が旺盛ですね。
    「同じ大学に行きたくないの?」
    同じ大学に行きたいなら私がレベルを下げればいいじゃないの?
    そういう説は友達からも言われましたが、要するに眼鏡君
    もうちょっと勉強頑張ろうよと言いたかったわけです。
    私はそこそこ勉強はできるものの人に教えると言うのはとっても苦手で
    「どうしてそんなことも分かんないの?」
    教師が絶対に言っちゃいけないセリフをすらすら言えてしまうあたり
    正直家庭教師としては最低だったと思います。
    「今度の模試で私よりいい成績取れたら……ご褒美あげる」
    全く……無理難題を言う女も居たものですね。
    学年で私の順位はおおよそ30番台。眼鏡君は大体60番前後。
    「もうちょっと頑張ろうね」
    上から目線で申し訳ないと今なら反省するのですが
    あの頃は「眼鏡君に頑張って貰うため」という大義名分で
    そういうことをしている暇はないって逃げ回ってました。


    335 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 14:38:36.29 ID:naT7mq0T0
    途中の紆余曲折はあまりにも馬鹿そのものなので中略しますが
    クリスマスプレゼントの交換とかはしたのですが、
    「一緒の大学に合格したら卒業旅行で…ね?」
    ととにかく時間稼ぎに余念がありませんでした。
    事実、私自身そんなに余裕ぶっこいて受験に臨んでいたわけでも
    なかったのであの頃はただひたすらに勉強ばっかりしていました。
    青春?なにそれ?美味しいの?ってくらいにがむしゃらに勉強していました。
    体育祭でクラスがぶっちぎりトップになったりとかそういうイベントもありましたが
    眼鏡君とのやや甘酸っぱい思い出は
    ハチマキを手縫いで縫うのが面倒でミシンで縫ったとか
    そういうのしかないので中略します
    そういう


    336名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 14:40:59.33 ID:84wuku/S0
    え?なに?キスした後は全くのお触りNGにしたの?
    ひでええええええええwwwwwwww


    338 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 14:45:45.33 ID:naT7mq0T0
    >>336
    そうDeath
    触ったらさらにしたくなるでしょ?
    なので、私が触るのはOK.眼鏡君からのtouchはBadでした

    そして卒業旅行前……私はあっさり大学合格。
    眼鏡君は「……」
    一緒の大学には行けませんでした。
    一応本人曰く「総合レジャーランド大学」に合格。
    画して無事卒業と相成り、そして卒業旅行。

    は、恥ずかしいのでショートカットして大学時代の話に行きます。
    高校時代に覚醒って何が?って言われそうなので補足するなら
    思春期がその頃訪れたというだけだったりしますが……


    339名も無き被検体774号+[]:2012/11/01(木) 14:47:20.57 ID:16DphLMW0
    え、えーw
    どうなったの?


    341名も無き被検体774号+[]:2012/11/01(木) 14:48:29.27 ID:YXt1OH47P
    そこは詳しく話しやがれください


    343 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 14:54:36.38 ID:naT7mq0T0
    卒業旅行は飛騨高山に行きました。
    企画立案は眼鏡君でした。
    宿泊したのはホテルではなく普通の旅館(民宿)でした。
    朝市見学したり、
    高山名物の焼きそを食べようと思ったら目当ての店が定休日だったり
    ほうば味噌?美味しかったなぁ(棒読み)
    温泉?内湯しかないんですが…
    学生故の低予算なのはわかるけど、せめて思い出の場所にするなら
    もう少し小マシな場所を選べと…

    こういう話聞きたいです?


    346名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 14:59:11.92 ID:XTVZ4Yi9O
    >>343
    ヤったのかやらなかったのか…


    347名も無き被検体774号+[]:2012/11/01(木) 15:00:49.55 ID:16DphLMW0
    >>346
    それ!


    348 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:01:40.70 ID:naT7mq0T0
    本筋の気持ちいい話にたどり付けないですね…

    宿泊の夜。民宿(普通の家の離れみたいなところが宿泊施設)
    の中に宿泊客は私と眼鏡くんのたった二人でした。
    ご家族さんと一緒にご飯はとても美味しく楽しかったです。
    眼鏡くんはやや引きつった顔をしていたような気もします。
    何せ内湯がお世辞に綺麗と言えないですし、足延ばせないですよ。
    浴衣着たものの、どこかに出かけようにも星は綺麗だけど
    コンビニどころか近くに灯りないですよ。
    もう「やれ」って言われてるような感じで困ったサンでした。
    仕方なく、部屋をごそごそ漁るとエッチなビデオ、エッチなビデオ
    (大事な事なので2回言いました)が置いてあって、テレビの下には
    よく見ればビデオデッキ?がありました。
    パッケージは小さな辞書っぽいサイズで
    女優名といかがわしい雰囲気のタイトルがついていたように思います。


    350 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:05:51.40 ID:naT7mq0T0
    ビデオをデッキの中に入れるといきなりエッチシーンですよ。
    なんのトラップですか?ってくらいに大音量で。
    思わず音量を下げて画面を見ましたが、これがアナログ時代の遺品ですか?
    ってくらいに画面がきたない。眉毛が太い。髪型が面白い。
    昭和?ってこういう時代だったんだと私たちに教えてくれる資料的な価値は
    ありそうでしたね。
    ビデオは三つ置いてあったのですが
    「ねぇ、他の部屋にもあるのかな?」
    と他の宿泊客がいないのをいいことに別の部屋
    (ふすまでセキュリティーとかの概念なし)
    のテレビの下を探すとやはりそこには思った通りのものがありました。


    352 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:10:23.84 ID:naT7mq0T0
    合計9本のビデオを手に
    「ねぇどれみる?」
    と眼鏡君に聞くと「ど、どれでも…」そういうので
    本当に適当に選んだビデオをチョイス。
    内容はあんまり覚えていないのですが髪の長いお姉さんが
    浴衣を着ていて奇しくも今の自分たちと同じような状況でした。
    あー、これはまずったかな……
    そういえば隣にいるのは男の子でずーっとお預けさせてたんだとか、
    その時まですっかり忘れてて、布団も敷いてあるけどそういえば並んでるし、
    やっぱりそういうことするのかなぁ…
    そんな風に私はドキドキしていました。


    354 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:15:00.73 ID:naT7mq0T0
    「こういうことしたいの?」
    「え?」
    「だからこういう事!」
    私が勇気を振り絞って聞くと、
    眼鏡くんは「うん」と消え入りそうな声で返事しました。
    「でも、同じ大学行けなかったよね」
    「ごめん……」
    「一緒の大学に行きたかったな」
    「来年…また受験するし」
    「でも、一応合格したからいいじゃない」
    「……」
    躊躇なく傷口に塩を塗る女。
    それが私でした。
    全く最低ですね。本当に


    355名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 15:21:07.30 ID:QTiCS1K60
    眼鏡くん… ( ;ω; ` )


    358名も無き被検体774号+[]:2012/11/01(木) 15:23:18.43 ID:e+JwSoya0
    太郎よりも扱いが悪い眼鏡君が可哀想w


    359名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 15:24:04.46 ID:KeMYNSM10
    >>358 確かにwww


    360 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:24:32.80 ID:naT7mq0T0
    「だから、今日は……でしてあげる」
    「え?」
    「……」
    …ア●ルセ●クスしようと言えない私はやっぱり乙女で
    「口でしてあげるって言ってんの!嫌なら別にいいけど」
    眼鏡君、ぽかーんとしてたっけ……
    「口で?」
    「そう」
    「誰が?」
    「私が!」
    ……フ●ラチオってエアフ●ラチオの経験はあっても実際にした事なんか
    あるわけないですのに、眼鏡くんは素ぼけてくれるしで
    「して欲しいの?して欲しくないの?」
    どうして私ってこういうときって上から目線なんでしょうね。
    お恥ずかしい限りです


    363名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 15:28:26.51 ID:84wuku/S0
    なんで普通にやらんのだろ?
    あんなにセクロスしたがってた>>1なのにね


    367 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:51:56.25 ID:naT7mq0T0
    >>363
    思春期前と思春期の後では違うのですよ
    昔は恥ずかしい事が恥ずかしくなかっただけですし

    初めて間近でご対面したそれはベルセルく風に言うなら
    ドラゴン殺し(ころし)って感じでした。
    あれ?これ大きいの?それとも普通?
    太郎のそれよりは確実に大きいというか
    あの(元)木彫りのよりも大きい?(長さは【元】木彫り人形の勝利)
    というよりも私の想像してる形と何か違うんですけど?
    そういう感想でした。
    お父さんのを見たときも大きいなとかそんな事を思わなかった私が
    あれ?これどうやって股間についてるんだろうって素直に思いました


    370 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:56:25.30 ID:naT7mq0T0
    私の顔より大きい?
    そもそもこれを身体の中に入れたら確実に串刺しだよね?
    指でつついたり、匂いを嗅いだり、気分は未知との遭遇でした。
    「おち●ちん♪」って言うとなんか可愛いイメージありますけど
    あれは「DANKON」って位ドラゴンぽい雰囲気でした。
    これを舐める?というよりも口に入るの?そもそもってそんな感じでしたけど
    でも舐めると言ったのは私で舐めなきゃいけないのも私。
    「やっぱなし(てへ)」って言いたくなる気持ちを押さえて
    ペロっと舐めたのですが、なんかしょっぱい…
    「なんかしょっぱいよ?」
    「ごめん……」
    思った事をすぐに口にするのが私の悪いところですけど
    おち●ちんはすぐ口にできませんでした


    369名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 15:55:21.75 ID:QTiCS1K60
    >>367 
    待ちぇっ!
    ご対面は眼鏡君が自分で出したのかー?!


    371 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 15:59:51.83 ID:naT7mq0T0
    >>369
    自分(眼鏡くん)でパンツ?脱いでぺろんと

    フ●ラチオって言うよりも私が太郎になって舐めてる気分でした。
    そもそもフ●ラチオって口で咥えたらいいだけなんだろうけど、
    当時の私にはあれを噛まないでいられるか不安でした。
    ジャンボフランク、ジャンボフランクとか思うと「ガジ」と噛みたくなるのが
    いけなかったのでしょうね。
    「なんかフランクフルトみたい」
    「……」
    「何か言ってよ」
    「え…あ、うん」
    沈黙の中でのフ●ラチオ(舐める)はどうも緊張してよくなかったみたいです



    373 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 16:04:26.50 ID:naT7mq0T0
    漫画だと適当に舐めてたらぴゅぴゅっと射精(でちゃう)ってなってた
    それが現実だと全くの別物で、これをどうすれば射精させられるのか
    私にはよくわかっていませんでした。
    「どうしたらいい?」
    「く、咥えて欲しい」
    く、口の中に入れるんですね。わかります。
    「噛んだらごめんね」
    「噛まないでね?」
    噛まないでね?と言われると噛みたくなるのが人情で
    甘く噛むと「あぅ」と眼鏡くんは声を漏らすものの?
    「痛かった?」と心配すると「ちょっと気持ち良かったかも」
    とか言うんですよ。まったく眼鏡くんは度し難いです


    378 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 16:12:36.92 ID:naT7mq0T0
    「あまじょっぱ苦い……」
    精液美味しいとか思ってた私の幻想は
    眼鏡君の幻想殺し(イマジンブレイカー)※おちんちん
    によって打ち砕かれました。
    でも、私頑張ったんです。
    頑張ったというか眼鏡君に頭押さえられても
    喉の奥に入れられても涙流れても……
    吐きそうになっても頑張ったんです。

    むせました、鼻が痛かった。
    よく吐かなかったなって自分を誉めてあげたいです。
    物理的に考えてあれが奥まで入ったらどうなるか考えて欲しかったです。
    でも気管にも入った異物(多分精液?)をげっはげは吐きながら
    でも、喉の奥はイガイガっとするし、鼻の奥は痛い。
    ふぇ、フ●ラチオって大変なんだとか思いましたが
    要するに眼鏡君が頭押さえたのが諸悪の根源だったわけです。


    381 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 16:16:45.17 ID:naT7mq0T0
    「鼻が痛い」
    「え…なんで」
    「鼻がいたーいのー!!}
    ティッシュで鼻をちーんって噛むと鼻から白いの出てくるし
    痛いし、もう最悪ーと思いながらも
    「あー喉、イガイガするー!」
    「え、ごめん」
    「ごめんで済んだら警察要らないんだからね、あーもー」
    お茶で流し込んでもまだイガイガ。
    洗面所で鼻うがいをしてもまだすっきりしない。
    すっきりしたのは眼鏡君だけですって
    そんなのなんて理不尽なんだろうって思う前に
    多分私は恥ずかしかったんだと思います。
    悪いのは全部眼鏡君で私悪くないんだからっていうのは
    結局は眼鏡くんに甘えていたわけですしね


    383 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 16:21:05.66 ID:naT7mq0T0
    私をなだめる眼鏡君に
    「あーもー寝る」って言って
    でも、
    「手位繋ぎなさいよ」
    とか、わがまま言ってたら後ろからぎゅってされて…
    「なにかあたってるんですけどー」
    「ごめん」
    「また硬くして、すけべー」
    「ごめん」
    ……ムラムラしてたんでしょうねー

    「いいよ」
    「え?」
    「もう言わない」
    「もう一回いって」
    「いーわーなーい」
    「今いいよって」
    「聞こえてんじゃないの!」

    ……等とこっぱずかしい話があったわけです。

    少し休憩します。顔が赤いわー


    384名も無き被検体774号+[]:2012/11/01(木) 16:23:18.43 ID:3sgAN6eqO
    ただのツンデレでしたww


    395 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/01(木) 17:05:10.60 ID:naT7mq0T0
    「お尻ならいいよ」
    「え?」
    「だって同じ大学に行けなかったわけだし」
    「…でもいいの?」
    「いいの」
    何がいいのかさっぱり私もわかってないんですけど
    そう簡単に許してあげないんだからって言う謎のプライドとか
    結婚するまでは処女でとか中2病の名残もありましたね。
    「それにお尻だったらそのまま入れてもいいから……」
    いけません。絶対駄目です。
    お尻で○△□×をするときはちゃんとコンドーム付けなきゃいけません
    でも当時の私は漫画の影響で「お尻なら妊娠しないし」とか
    安易に思っていました。

    いったん中断しますね


    398名も無き被検体774号+[]:2012/11/01(木) 17:25:32.13 ID:YXt1OH47P
    お尻ならいいよワロタwww
    まだ言ってるのかww


    400名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 17:32:30.47 ID:UFiPUGyY0
    まてww
    尻の方がハードル高いだろwww


    413名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/01(木) 19:16:11.05 ID:QTiCS1K60
    ほかの早熟変態プレイヤーと一線を画すのは、
    今のところ全てのプレイが気持ちよさの点で
    ものすごい空振りをしているところだな


    418名も無き被検体774号+[]:2012/11/01(木) 20:20:17.66 ID:MOcUlDlhO
    >>413
    気持ちいい事好きなはずなのに ここまで本人気持ち良くなった形跡ないよね


    430 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 04:59:37.12 ID:knXyLNYz0
    お互いに横になった状態で私のお尻にお●んちんを擦り付けてくる眼鏡君
    なんか耳元ではぁはぁ言ってるよーこの人…
    「どうしたらいい?」
    「え…あ、そのまま入れて」
    私ってば何をいってるでしょうね。
    自分でパンツを半ずらしして手で前はガードして「(よしこい)」
    みたいに覚悟を決めているものの、
    自分がどんなに無茶を言ってるのか全く理解していませんでした。
    眼鏡君はお尻の谷間でなんかもぞもぞこすりつけるような動作をしているものの
    なかなか入れようとはしませんでした。
    その擦り付けられてるだけでも「(うわぁ……なんか大きい蛇みたい)」
    とか内心こっちはドキドキしながら今か今かと待っているのに
    なんで焦らしてるの?とか思う若き日の私でした。


    432 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:07:24.47 ID:knXyLNYz0
    「あの……入らないんだけど」
    「……え?」
    眼鏡くんの大きいと思うしそれで入らないのかな…とか思っていた
    私の頭がお花畑ででも、入らないんじゃしょうがないよねと思っていたら
    「あの、腰上げてくれるかな」
    「腰?」
    眼鏡君の言うとおりに姿勢を変えたら…
    四つんばいじゃないですかー
    犬の格好ですよ?太郎の格好ですよ?

    (太郎は私が高校2年の秋に亡くなりました)
    太郎は足を悪くして、最後の頃は三本足で歩いていました。
    その頃には大好きだった散歩に連れて行ってあげることも出来ませんでした
    目も段々悪くなっていたようで、食欲も日ごとになくなっていたようで
    最後の頃立つ事もできなくって、私や父が床ずれしないように時折
    姿勢を変えてあげることしかできませんでした。
    その日、私が学校から帰ると太郎はかすかに動いて「わん」って
    いつものように「お帰り」って言ってくれました。
    「すぐに着替えてくるからね」そういって私が太郎の元に戻ったときには
    太郎は息をしていませんでした。
    私は泣きました。大好きだった太郎。子供の頃から一緒だった太郎の死を悼みました。
    太郎を毛布に包んで「よく頑張ったね」ってほめてあげました。
    お母さんに車を出してもらって動物を弔ってもらえるお墓にいき、
    太郎を弔ってもらいました。


    434名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 05:11:21.89 ID:3EVTRzj+0
    >>432 太郎は長生きしたのだなあ


    438 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:17:23.07 ID:knXyLNYz0
    >>434
    長生きでしたね。
    太郎以降、犬を飼う気にはなれないのは
    それだけ悲しみが深かったからなのもあります
    ペットってもう大事な家族で、その家族との別れはつらく切ないです。


    431名も無き被検体774号+[]:2012/11/02(金) 05:00:01.01 ID:isuJF/K9O
    そういや、>>1の今のスペックは?
    BBAの昔話か?


    435 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:12:39.85 ID:knXyLNYz0
    >>431
    10代じゃないってことくらいでご勘弁
    BBAですね。本当にありがとうございます。

    父にその話をすると「太郎はお前が帰ってくるのを待っててくれたんだよ」
    そう言ってくれました。
    私はまた太郎を思い出して泣きました。
    それまでの太郎との思い出を振り返りながら泣きました。
    一緒に寝たり、散歩したり、もっと大好きだった散歩に連れて行って
    あげればよかったと後悔しました。
    大切なものはなくなって初めて気がつくのですね。
    思い出して今も少し泣いています

    そんな四つんばいの格好になったときは、ふと太郎の事を思い出しながらも
    恥ずかしさで一杯でした。
    なにせお尻の穴が見えてるわけですし
    「あの、よく見えないから電機つけていいかな?」
    「え? だ、駄目」
    「そっかぁ…」
    危うく電気をつけられるところでした。眼鏡君って結構エッチなんですよね


    436名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 05:15:25.92 ID:3EVTRzj+0
    結構エッチなんですよねwwwwww


    444名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 05:29:57.98 ID:P4MrYx410
    >>436
    同じとこでワロタ



    438 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:17:23.07 ID:knXyLNYz0
    眼鏡君の手が私のお尻に触れてぐいってするんです。ぐいって
    「舐めていいかな?」
    「え?…ひゃぅ!!}
    なにがひゃぅ?なのって言われればお尻をいきなり舐められたら
    「ひゃぅ」って声が出るんです。

    私はよくくしゃみが「へっくち」とか「へぷちょ」ってなるのですが
    よくそういう時は変な声が出ますが、わざとじゃないしキャラ作ってないし
    って言っても信じてもらえません。どうすればいいでしょうか。
    たまに格好良く「へっくちょん」とか軌道修正すると
    「やっぱり変とか言われるんですよね」



    440 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:22:23.85 ID:knXyLNYz0
    舐めていい?と聞きながら既に舐めてるって
    あーたはどこかのギャングですか?(グテイトフルデッドの人)
    というか、お尻を舐められるってこそばゆいような恥ずかしいような、
    なんか精神的に「(きゅーーーーーーーーーーー)(ゲージが溜まる音)」
    ってなるんですよね。文句を言おうと思って口を開くと
    「ひゃぁぅぅぅぅ(むっきゅー)」
    とにかく、恥ずかしいx108(煩悩の数)って感じでした。
    それ以前にお尻舐めるなんて汚くないの?ってお風呂場では確かに入念に
    洗ったけど、それでも人のお尻ですよ?○ンチ出る場所ですよ?
    (それで言えばオチン○ンはおしっこ出る場所だけど)
    「き、きたないよ」
    「綺麗だよ」
    電気ついてないのに見えるとかあなたはダークエルフですか?(暗視能力がある)


    442 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:27:34.02 ID:knXyLNYz0
    「も、もういいから」
    「あ、う、うん、じゃぁ入れるね?」
    なんかもっと舐めたかったみたいな声と、なんとなく精神的に優位に立たれてるっぽくて
    なんだか「(むっきゅーーーーー)」となってました。
    負けたくないと思いながらも、
    こっちは片手で枕を抱きしめて変な声が出そうになるのを必死に我慢してるのに
    「あ、う、うん、じゃぁ入れるね?」
    この余裕の態度……こっちが恥ずかしいのに眼鏡くんが恥ずかしくないのは不公平だー
    とか思うんですけど、根本的に何かが間違ってると思いながらも
    お尻の入り口(出口?)に眼鏡くんのお●んちんがあてがわれる感触に心臓がどきどきしてました
    「入れるね?」
    「うん…」
    来る……っ!!?と思いながら待ってると
    「い、入れるね?」
    「う、うん」
    あれ?なんか眼鏡くんはぁはぁ言ってる…と思ったときでした。


    445 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:36:18.62 ID:knXyLNYz0
    エヴァンゲリオンとかで2号機が量産型のロンギヌスの槍に貫かれるシーンあるじゃないですか
    「わー痛そう」
    そういう感想だったのですが、今ならあの痛みが私には理解できます。
    体内に槍でも侵入してくる感じと言うか、無理無理無理無理ぃぃぃぃx
    どこのDIO様ですか?って心の中で突っ込みながら、今突っ込まれてるのは私と言う状況で
    裂けるとかそういう感じじゃなく「穴が開いた(ア●ルの穴?)」って感じなんです。
    内臓に蛇が侵入してきます!隔壁閉鎖(ないです)気分は侵食されていく3号機(式波さん搭乗)ですよ。
    「大丈夫?」
    「(どう見たって大丈夫じゃないでしょ!)」
    内心突っ込みながら、突っ込まれていたのは私なのですが、声、でないんですよね。
    歯を食いしばると上手に呼吸できないし、呼吸しようとすると歯が食いしばれないジレンマというのか
    なんか下腹部に強烈な異物感(過去最大)を感じていたんですよ。


    449 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:44:02.03 ID:knXyLNYz0
    「大丈夫?」
    眼鏡君は口では心配してくれてたけど、抜く気配はありませんでした。
    「ぜ、全部入ったの?」
    「まだ先っちょのほうだけ」
    ……あの絶望感はエンドレスエイトが本当に8回も繰り返されたそれにも似ていましし
    「俺のおちんちんはあと108センチも残っておるぞ」
    そういう死刑宣告にも似た発言でした。
    え?まだっ先端?とっくに全部入ったんじゃないの?
    私が耐えたあの初激でさえ前哨戦(プレリュード)に過ぎなかったと言うの?
    そういう絶望感ってわかりますか?
    無理、無理、無理、無理……シンジくんが絶望する気持ちわかります。
    「(私になんか出来るわけないよ!!)」

    「あ、あの…お尻無理みたいだし……でいいかな」
    「え?」
    「とにかく抜いて!」
    「あ…うん」
    はい、ギブアップしましたー。ギブアップです。
    無理です。お尻を甘く見ていました。シミュレーションで80点だったのが
    実践では20点……でも、被害が拡大する前に撤退命令を出した私は正しかったと思います


    451 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:50:17.51 ID:knXyLNYz0
    「コンドーム持ってる?」
    流石に後ろで駄目だったから仕方がないから前で…って思ったけど
    私はそういう避妊具の用意してきてなかったし、かといってそのまましたら
    妊娠しちゃうし…お尻に入ったおちんちんをまた舐めるのはなんとなく嫌だったし
    一応ないとは思いながら眼鏡君に聞くと
    「あ、もって来てるん…だけど」
    「え?」
    え?コンドーム持参とか最初からその気だったってこと?
    このスケベ!エッチ!とか内心結構罵ってました。
    そもそも最初にそういうこと言ったのは私で、私は
    「お尻までは許してもいいかな・・・」
    とか少し乙女チックなことを考えていただけに
    眼鏡くんが避妊具を持ってきていたのは全くの予想外(GUY)でした



    453 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:55:15.70 ID:knXyLNYz0
    眼鏡くんがコンドームを装着するすることには暗闇にも少し目が慣れてましたね
    「えっと、どうしたらいい?」
    どうしたら?何が何をどうしたら?と思ってたのですけど
    「舐めていい?」
    「え?」
    「えっと……のあそこ」
    「え……」
    えー!!?舐めるって犬じゃないんだからとか、さっきお尻舐めたでしょ!
    とか結構なんか抵抗ありましたね
    「舐めるの駄目」
    「じゃぁ、触っていい?」
    ……なんでも嫌々言うのもおとなげない(ないですが)のかなって思って
    「優しく触ってよね」
    「うん」
    ……私は優しく触ってっていったのに眼鏡くんはやらしく触ってきました。


    455 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 05:59:25.03 ID:knXyLNYz0
    「ここクリ●リス?」
    聞くなばーか!と思いながらも他人に触られるのは
    自分で触れるのとは全然違う感覚で、くすぐったいけどぞくぞくして
    口を開いたら変な声でるというのに喋らそうとする眼鏡くんは鬼畜だと思いました。
    「し、しやない」(噛んだ)
    「あったかいね」
    いちいち感想を言わなくていいから!とか思っていました。
    別にグルメ番組のリポーターじゃないんだから
    「いやぁ、これは…皮はしゃきっとした歯ごたえがあるのに中はとってもクリーミー」
    とかそういう説明要らないですし、寧ろこっちが恥ずかしいとしかいいようがありませんでした。
    「入れるね?」
    都度確認し
    「あったかい…」
    そりゃつめたかったら私死んでるよね?とか心の中では
    結構突っ込んでました。指を(以下略)


    457 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 06:03:09.61 ID:knXyLNYz0
    「あ、くちゅくちゅ言ってる」
    の辺りは結構ぐーでぱんつしてやろうかと真剣に悩みました。
    「ねぇこれ何の音?」
    「風の音」
    「ああ、よかった」
    とでも答えてあげればよかったのでしょうけど、あの時の私には
    そんな余裕は全くなく、歯を食いしばって内臓をかき回される刺激に
    必死に耐えてたんです。
    「気持ちいい?」
    見たらわかるでしょ!気持ちいいけど、それを言うのを邪魔する存在
    それが乙女のプライドでした。
    「……さんって初めて?俺初めてなんだ」
    いや、君が童貞なのはわかってるから! とか、なんでそんなに質問してくるんですか?
    それはすっごっく覚えています。
    男は黙って背中で語るんじゃなかったの?


    458 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 06:07:33.66 ID:knXyLNYz0
    くちゅくちゅっと音が部屋に響くと恥ずかしさと変な感じがしていました。
    眼鏡君を枕で殴殺したくなる衝動と
    声が出そうになる衝動と、
    気持ちいいって感覚となんか変な感じ……
    あ、おしっこしたい……そういう感覚でした
    「だ、だめ…」
    「凄い音……」
    「やぁ、と、止めて」
    おしっこしたい、トイレに行きたいって思ってるのに眼鏡君は指を休めないし
    「感じてるの?」
    ええ、あなたへの殺意をね!とか言いたかったけど、
    この鈍感男は理解してないようなので
    「おしっこ」
    「え?」
    「おしっこでちゃう」
    ストレートに言いましたよ。ええ、恥も外聞もなく。


    459名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 06:07:36.21 ID:P4MrYx410
    なにこの文才w
    エロいのに笑える新ジャンル


    461 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 06:13:13.05 ID:knXyLNYz0
    「いいよ出して」
    ちょっと待て。ここはどこ?民宿の部屋の中。トイレではありません
    「やだ、おしっこ!!}
    なんか精神的に3歳児にでもなったような気分でした。
    刺激が強すぎてまともに喋れないのにこっちの意図を汲み取ってくれない
    相手にイライラして癇癪を起こしかけてました。
    「いいよ、……さんのおしっこなら汚くないし」
    いーえ、汚いです。おしっこですよ?確かに飲尿療法とかありますけど
    あれは自分のおしっこを飲むわけで、他人のじゃないし
    そもそもこういう場所で…とか、実際はそんなに考える余裕なく
    「あ、だ、で」(あ、駄目、出る)
    で、おしっこ大洪水です。高校生にもなって(もうじき大学生)お漏らしですか?
    一度決壊した堤防は水を出し切るまで止まらないって感じで
    出る出るじょーって、じょーって
    そんななか指で尚あそこを弄る眼鏡君……

    「だからおしっこって言ったのにー」
    泣きました。もう3歳児がお漏らししたように泣きましたよ。
    流石に眼鏡くんも私が泣いてる状態では指を抜いて
    「ごめん」
    と謝るのですが
    「ごめんで済んだら警察要らない!」
    私は怒りながら泣いていました


    463 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 06:17:22.39 ID:knXyLNYz0
    漂うアンモニア臭(おしっこに匂い)
    もくもくと片付ける(主に拭き掃除)二人
    窓を開けて換気すると肌寒い夜明けの空気のさわやかさに
    おしっこと民宿独特の古びた匂いが混じってもう、どうしようって感じでした。
    民宿の方に「おしっこもらしちゃって」とか言えませんでした・
    ごめんなさい。まことに申し訳ございません。
    「お茶ひっくり返しちゃって」
    「あーいいよ、いいよ」
    すみません、お茶じゃなくおしっこでした。

    帰りの新幹線でも眼鏡くんは「ごめん」しか言わないし
    私は許してもいいけど、なんとなく許せなくて「もういいよ」
    どう見ても「よくない」という返事をしながら気まずい感じで
    帰路に着いたのでした。

    こうして……二人の卒業旅行は幕を閉じたのでした。


    466 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 06:24:42.67 ID:knXyLNYz0
    付き合ってると思いましたか?
    馬鹿め!眼鏡くんは大学でさっさと別の女を捕まえてました。
    「あの、好きな人が出来たんだ」
    「あ……うん、よかったね」
    …大学が違うとはこういうことですよ。
    私はその彼女さんには会った事はないんですけどね。

    少し休憩 おなかすいたー


    471 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 06:33:50.37 ID:knXyLNYz0
    大学に入ってから現在に至るまでの話は主にSMっぽい話になります。
    なのでそういうのが苦手な人は読まないほうがいいです。
    といっても詳しく書けばキリがないし、さくっと書けば
    2レスくらいで終わっちゃいそうですが、
    スレタイに偽りなく小学生の頃と違い、
    純粋に気持ちいい事を求めるようになったのはこの時期からです。

    一時中断します


    474 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 06:47:22.08 ID:knXyLNYz0
    ラスト5分だけ

    私は大学で仲のいい友達が出来ました。
    名前をやよいさんといいあだ名はやよさん…とします。
    やよさんは動物で例えるなら狼って感じで、別に「わっち」とかは言いませんけど
    可愛いというよりも格好いいという印象のお姉さん(同い年です)でした。
    タバコをぷかぷか、スレンダーなのにおっぱい大きくってさばさばしてて
    男友達も多くて、どうして私なんかと友達やってるんだろうって結構思う部分もあるのですが
    「なんとなく気が合うんだよね」
    私も確かに一緒に居て楽しいし会話も楽しいしで悪い気はしていませんでした。
    このやよさんがスターウォーズで言うところのオビワンケノービかダースシディアス?であり
    私は言うならアナキンというか彼女のパダワンでした

    中断しますね


    492 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 10:58:23.25 ID:3STrqbet0
    「へぇ、あんたもナナって言うんだ」
    なんてことをやよさんは言いませんでしたし、
    別にミュージシャンになるために上京してきたわけでもないのですが、
    ややパンクな装いから「只者ではない」って雰囲気が醸し出される
    やよさんの将来の夢は「お花屋さん」だったり「お嫁さん」なのが
    ギャップ萌えとでもいうんでしょうか
    やよさんの好きな色は「ピンク」という割には普段の服装が黒が多いのは
    どうしてなのかなと思うやよさん。

    そんなやよさんに誘われて私は夜の街に繰り出すことになりました。
    きっかけとしては合コンとかに参加したものの「何か違う気がする」
    そういうことをやよさんに話したのがそうだったと思います。
    やよさんは彼氏がいないけど飄々としていて
    「じゃぁさ、面白いとこ行ってみない?」
    そんなまるで近所の公園にでも散歩に誘うかのように私を
    夜の街。歓楽街へと誘いました


    493 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:05:57.09 ID:3STrqbet0
    やよさんに連れて行かれたのはとあるビルの一角。
    「なに……ここ」
    正直な感想としてはそういう感じでした。
    お店の中はお客さんで溢れ、ビルのうらぶれた雰囲気とは対照的に
    とても賑やかでした。
    「あら、いらっしゃーい」
    そんな風に私たちに声を掛けてきたのはお店の方だと思うのですが
    やよさんと顔なじみのようでとても親しげに話をしていました。
    「どういう関係?」
    そう聞かれる程度に私とやよさんの雰囲気が違ったのでしょうけど
    「大学の同期」とやよさんが言うと
    「ゆっくり楽しんでいってね」
    そう言ってまた別の場所に行ってしまいました。
    「あら、やよさんいらっしゃい」
    「相変わらず綺麗ね」
    「やだぁ~お世辞が上手なんだから~」
    ……やよさんって一体何者?
    私はそういう感想を隠しきれませんでした。


    495 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:09:45.66 ID:3STrqbet0
    他のお客さんの大半が男性。
    その中に女性客は私とやよさんくらいしか見当たりません。
    恐る恐るこの店について聞くと
    「ゲイの友達に紹介してもらったの」
    ……ゲイ? ゲイ?
    「ゲイって?」
    「ホモ?とかそういうの」
    ……ホモ?……ってBLとかの?
    「ホモってBLとかの?」
    「そんなに綺麗なもんじゃないって」
    「もぅ……やよさんたら失礼なんだから~」
    「はぁ……」
    女装なのか、ニューハーフなのか、同性愛者なのか
    私には違いはさっぱりわからないのですが、
    「こいつら玉取ってるよ?」
    「え?」
    「私は~まだ手術してないもん」
    「え…」

    ……やよさんって一体何者?私はあらためてそう思いました


    496 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:15:04.01 ID:3STrqbet0
    「あの、やよさんって元男なんですか?」
    私がそう聞くと周囲の女性(男性?)は大笑い。
    やよさんも「なんでやねん!私は正真正銘ナチュラルの女!」
    「でも、やよさんって男らしいよね~(お店の方談)」
    「そうそう、魂が男ってゆーかー(店員さんB)」
    「なんかねー昔っからこういう連中に好かれるのよね」
    ……は、はぁ…としか言えない私というか、
    「見てみる?」と言われても首を振って
    「いえいえ、いいです」としか言えません。
    というよりも、どうしてそういう人に好かれるんだろう……
    「やっぱり類は友を?」
    「だーかーら!私は正真正銘の女だって」
    「はぁ……」
    「なんなら見てみる?」
    「え?」
    ……凄く……男らしいです


    498 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:21:26.73 ID:3STrqbet0
    ショーはとても綺麗だったし、それに値段も安いし
    出てくる食事は量も多いし、やよさんが「夕飯要らない」って
    言った理由がよくわかりました。
    そしてお店を出た後
    「私のツレが働いてるお店あるから軽く飲みに行かない?」
    そんな風に誘われました。

    そのお店は男性8割。女性2割(私とやよさん)でした。
    随分とマスターの方がくねくねされてて芸能人でそういう方いますよね。
    IKKOさんとかKABAちゃんとか、クリスとか……
    「やよさんは女の子じゃないから」
    「うっさい」
    ……どうしてこういうお店に馴染めるんでしょうか
    「変な奴らだけどね。面白いよ?こういう奴ら」
    やよさんはそういうのですがそういうホモさんやゲイさんニューハーフさんと
    立て続けに遭遇したことで結構私はいっぱいいっぱいになってました。
    テレビや漫画の世界の知識でそういう方がいる事は知っていましたが
    実際にそういう方に会うのは初めてでどう接していいのか
    どういう風に話せばいいのかわかってませんでした。
    「普通でいいって」
    やよさんはそういうのですが、私にはその普通がよくわかっていませんでした。


    499 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:26:18.03 ID:3STrqbet0
    「キモかったらキモッでいいの。中途半端にお世辞言ったってしょうがないし」
    「はぁ……」
    「やよさんは少しおしとやかさが足りないのよね(マスター談)」
    「おしとやかにしてたらあんたらと付き合えないって」
    やよさんは普通にお店の方や他のお客さん(ホモのカップルさん)と
    話をしていましたが、私はそのやよさんたちの会話に耳をそばだてるのが
    精一杯でした。
    確かにゲイの方が集まるバーという以上の特徴はないのですが
    でも、そういう人たちもいる空間に足を踏み入れたという経験は
    とても刺激的で、
    そして少しだけやよさんという人間についてわかったような気がしましたが、
    それは勘違いでした。


    501 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:33:00.33 ID:3STrqbet0
    お酒は二十歳になってからです
    未成年の飲酒は法で禁止されています

    お店を出た後「どうしよっか?」そう言われて何も提案できない私です。
    「うち来る?」そう言われて私はやよさんの家を訪れました。

    中略

    「女同士だから恥ずかしくないでしょ?」
    いいえ、恥ずかしいです。
    舐められる、触られる、擦られる、揉まれ、抓られ、
    私は自分が何をされているのかよくわからない状態でした。
    気持ちいいというのはわかるけれど、
    同じくらい恥ずかしいという気持ちがいっぱいで私は目を閉じていました。
    「ほら、よく見て…」
    目をうっすらと開けると全裸のやよさんがそこに居て
    私の身体を弄んでいました


    503 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:36:04.03 ID:3STrqbet0
    「優しくしてあげるから」
    そういう問題じゃないです。私はそういう趣味はない……そう思っていても
    身体は正直で気持ちいい事に抗うというのは本当に難しいんです。
    「やめてもいいの?」
    そう言われると、心の中に喪失感が生じます。
    「(やめて欲しくない)」
    そう言葉にするのも恥ずかしい、でも止められると辛い。
    気持ちいい、まるでお風呂に浮かんでいるような多幸感。
    「ほら、どうして欲しいの?」
    「(もっとして欲しい…)」
    それが素直な身体の欲求。でも、「(女同士でおかしいよ)」
    そう思う気持ちも確かにありました。


    506 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:39:57.99 ID:3STrqbet0
    「誰も見てない」
    「二人だけの秘密」
    「もっと淫らになっていい」
    「別におかしなことじゃない」
    そんな言葉を抗うことなく私は受け入れていました。
    指で擦られ、舌で舐められ、中をかき回され
    私は恥ずかしい言葉もおねだりも抵抗なく口にしてました。
    いいんだ、それでいいんだ、この私は私じゃないとでもいうかのように
    私は気持ちいい事、やよさんが与えてくれる快楽に溺れていました。
    脳髄が液体にでもなってしまったように、考える事を放棄して
    ただその刹那の悦楽に身を委ねていました


    507 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:44:57.81 ID:3STrqbet0
    眼鏡君のそれと違い、
    優しく、じんわりと真綿で首を絞めるような快楽でした。
    気持ちよさに際限がない。
    「男なんて射精したら終わりでしょ?」
    女同士は終わりがない、ただひたすらに体力と気力の続く限り
    快楽を貪る事が出来るんです。
    それはとても気持ちいいけど、とても怖くなる快楽でした。
    補助的に使われる潤滑剤や振動する道具等を使われると
    私は自分が何回行ったのか、一体どれくらいの時間が経過したのか
    全く認識することができませんでした。
    行き続けると苦しい、でもその苦しさを通り抜けた先には
    頭の中が思考を放棄するような、真っ白という状況が来るのがわかります。
    頭が思考を拒否しちゃうんです。
    オーバーフローって言葉があるように
    気持ちよさが溢れて本当に溶けてしまうような……
    そういう感覚でした。


    508 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 11:47:18.86 ID:3STrqbet0
    朝になって意識が戻り、身体の感覚と心が正常にリンクしたときに
    ようやく自分がした事に気がつきました。
    夢じゃなかった。夢じゃない。
    夢だけど、夢じゃなかった
    だったら五月ちゃんやメイちゃんのように喜べたのでしょうけど
    その時の私は自分が何をしてしまって、その結果どうなったのかが
    全くわかっていませんでした。

    いったん中断します


    514 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 12:43:08.44 ID:3STrqbet0
    やよさんは何事もなかったかのように朝ごはんの準備をしていました。
    (ご飯と言ってもパンとコーヒーでしたけど)
    やよさんに理由を聞くと「可愛かったから」とだけ。
    誰とでもじゃない。可愛い子としかしない。
    レズビアンじゃない。どっちかといえば男が好き。
    ……あの、何を言ってるのか私にはよくわからないんですけど
    どうも私はあの後少し悪いお酒に当たってやよさんに眼鏡くんの事を
    愚痴っちゃったみたいで、それでやよさんがそれを慰めて……
    いやいや、普通慰めませんから
    でも、私も結構感じてたし嫌がってなかったと言われると
    そこはうっすら残っている記憶を頼りに言えば、確かに
    気持ちよかったって強烈な印象が残っていたのも事実ですし
    それにお酒の勢いで愚痴って絡んだ私も悪い。
    「それに一回寝ただけで恋人扱いしてたら私の身が持たないって」
    ……やっぱりやよさんは謎の人でした


    515 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 12:51:32.36 ID:3STrqbet0
    私の心のDeathノートに「やよさんは危険」とメモしたものの
    やよさんを憎んだり恨んだりする事はなくて、
    寧ろ酔って(お酒は二十歳になってから)やよさんに変な風に
    絡んじゃった自分を責めていました。
    そっかぁ自分では眼鏡君との事は半ば自業自得だし仕方がないと思っていたけど
    でも心の奥底では結構納得が言ってなかったというか、納得できません!って
    思ってたんだよなぁって思うと、ふつふつと眼鏡君に対する怒りが沸いてきてました。
    私にあんなに恥ずかしい事させておいて
    私にあんな恥ずかしい事させといて
    私に……と思っても、やっぱり嫌いになったわけでもなく
    「あの時もう少し素直になっておけば…」
    そんな後悔したものの、じゃぁ眼鏡くんの今の彼女(趣味が合うらしい)
    を略奪したり、強奪したり、寝取ったり(NTR?)する気力も行動力もない私は
    その辺りの事はとりあえず再封印して
    「お酒は飲んでも飲まれちゃ駄目です。駄目駄目です(お酒は二十歳になってから)」
    と自分の酒量を見極めないと大変だという事に気がつきました。
    やよさんにも「私が男だったら今頃お持ち帰りされてぺろりだからね?」
    とか言われて、自分の迂闊さを大いに反省したのですが、
    「ペロッと食べたじゃないですか!」
    それくらいに言い返す元気はあったんですよね。


    516 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:06:12.18 ID:3STrqbet0
    またある時、私はやよさんに連れられて……またいかがわしいビルへと足を運びました。
    「大丈夫、そんなに変な店じゃないから」
    「本当ですか?」
    ウソでした
    この店が健全だったら世の中に不健全なお店なんかありません!
    と言っても普通に営業の可もあるみたいだし、
    いかがわしいと言っても法を順守した上でのいかがわしさのようでした。
    そういう意味では確かに変な店ではないですけど、別の意味で変というか
    変態さんがいっぱいいるよーというのが正直な感想でした。
    半裸(パンツは履いてました)の小太りな男性が檻に入ってたり
    犬の餌入れでお菓子を食べてたりする風景……
    どうみても変態の巣窟です。本当にありがとうございました。


    517 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:11:45.53 ID:3STrqbet0
    「大丈夫、この人たちおとなしい犬だと思えば」
    ……ああ、そうですね

    ってそんな風に思えるわけがあ、ありませんっ!
    半裸の男性が犬? 
    確かに首輪付けてますリードついてますけど……
    というか、いい年した(多分4,50代)の男性を犬扱いって…
    「こいつら喜んでそういう事してる変態だから」
    ……ですよねー変態なのは解説されなくてもわかるんですけど
    その格好でそうすることのどこに喜びを感じているのか
    さっぱり理解できないし理解する必要性を感じませんでした。
    いや、理解したら負けかと思ってました。


    518 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:16:23.79 ID:3STrqbet0
    「試しにやってみる?」
    結構です、嫌です、駄目です、お断りです

    ……首輪付けられました。鎖も付いてます
    「犬が椅子に座ってちゃ駄目でしょ?」
    ……床に座らせられました
    「はい、どーぞ」
    ……犬の餌入れですか
    「手を使っちゃ駄目でしょ?」
    ……口だけで食べるんですか?

    はっ……!!気がつけば流されてました


    521 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:24:02.22 ID:3STrqbet0
    「はーい散歩行きましょうね」
    ちょ……っ!今日スカートなんですけど?
    「大丈夫誰も見てないから」
    いーえ、みんな見てます。ほら笑ってるじゃないですかー
    「ほーれこれ取ってきて?」
    犬扱い酷すぎます。まぁ取りに行きますけど……
    「遅い~もう一回!」
    えーそっちはさっきの半裸の男性が……ってなんで笑顔なんですか!
    「はい、よくできました」
    ……おしまいでいいですよね?

    犬の気持ちって雑誌を読んでないのに犬の気持ちがわかった気になりましたけど
    手を使えないのって不便だとか、
    四つん這いで歩くのに人間の身体は適していないとか、
    首輪引っ張られるのは結構怖い(そもそも胴輪が主流)
    そういうのはわかったのですが、
    半裸の男性の気持ちはちぃともわかりませんでしたが
    そんな事を言おうものなら「じゃぁ同じ格好になる?」
    言われそうな気がして言えませんでした。
    やよさんなら言いかねないですし


    524 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:37:48.92 ID:3STrqbet0
    痛みはジンジンとした感覚に変わる。
    そこに鞭が当たったという証拠。生きている証。
    抵抗できない自分。どうして抵抗するんだろうと思う。
    恥ずかしいから。でも、恥ずかしいのはもう変わらない。
    縛られて鞭を撃たれてる自分。それはもうどうしようもない。
    声を我慢すれば恥ずかしくないの?どうして我慢するの?
    声を出せばいいじゃない。
    そんな自分の内面の囁きに従って声を出す、我慢なんかしない。
    我慢しないで声を出す事がこんなに気持ちいい事だと私は初めてする。
    我慢しなくていい、さらけ出していい、気持ちいいものを求めて
    何がいけないの?そう囁く自分が出てくる。
    素直に身体に従えばいい。
    痛いの?そのジンジンする感覚は本当に痛いの?
    喜んでるんじゃないの?そう囁く自分を見つける。
    不安が解消されていく。撃たれることで何かが溶けていく。
    考えられない、考えなくていい。
    素直な自分の反応に従えばいいんだ……私はそう感じていました


    526 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:40:26.78 ID:3STrqbet0
    「とってもうっとりした顔してた」
    やよさんは私にそう言いました。
    「みんな凄い見てたよ。とーってもいやらしかったし」
    私の内面はきっとそうだったのだと思います。貪欲に快楽を求めてた。
    「やっぱり……は可愛いよね」
    そうかな。こんなにも醜いのに
    「……って優等生タイプでしょ?周囲の期待に応えなきゃーって思いつめちゃうタイプ」
    そうかもしれません
    「……だから人に求められる役割を演じちゃってるの、無意識に」
    そうでしょうか。自分ではよくわかりません。


    527 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:45:54.58 ID:3STrqbet0
    やよさんは私に言いました。
    四六時中自分の欲望や性癖を発散してるのはただのキチガイで
    普通の人は普段そういうのはちゃんと隠しておくものだと。
    特殊な性癖や強い性欲や好奇心は普通じゃないって自覚が大事で、
    そういうのはこういう場所や信用できる人や
    適当な(ふさわしい)場所で曝け出すことが大事だって
    「ガスはこまめに抜いたほうがいいよ」
    それはやよさんの持論でした。



    529 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:52:17.84 ID:3STrqbet0
    私はその時から多分、芋虫から蛹(サナギ)へと進化したのかもしれません。
    ポケモンで言うとそれまでの私はケムッソで、
    私が進化したのがカラサリスなのかマユルドなのかは自分ではわかっていません。
    ですが、その頃を境に少しばかり価値観が変わったように思います。
    それまでの私は楽しむという事に対して消極的でしたが、
    「一度きりの人生だし、楽しまなきゃ」
    そんな考えが少しずつ芽生え始めていたのだと思います


    530 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 13:56:54.81 ID:3STrqbet0
    価値観や考えが変わったからと言って
    日常が急変するかと言えばそうでもなく、
    寧ろ失敗続きだったのですが、そういう失敗談聞きたいDeathか?

    或いは、眼鏡君との再会話までスキップしましょうか。
    失敗談は正直大したことないのDeath


    531名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 13:59:54.96 ID:F8/9qgFh0
    失敗談もお願い致します


    532 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:05:56.96 ID:3STrqbet0
    >>531
    では手短に……

    「あの程度の技……一度見てしまえば我が物にすることなど造作もない……」
    「なに?……!!?」

    冒頭から何を書いてるんだろうってj分でも思いますが
    要するにですがやよさんの言った通り、私は望まれたキャラクターや
    立ち位置を演じる(無意識?)癖があるのですが、
    割と外見からは「S」と言われます。
    性格も見た目もきつそうだと。
    そう言われるからそうなったのか、もともとの性格がそうだったのかは
    自分でも正直わからないのですが、早い話が
    「お姉さま」扱いされるのDeath……
    やよさんと友達という時点でそういう見方をされるのはどうかと思うのですけど
    やよさんに食べられて普通でいられる時点で普通じゃないってどーゆーこと?
    そんなこんなで女の子に「苛めてくださいお姉さま(相手のが年上なんですが)」
    と2度ほど言われた経験がございます。


    533 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:09:40.79 ID:3STrqbet0
    楽しい女子会、別名「やよさんの友達会」という時点で色々危ないのかなと
    思っていたのですが、自分はまともだと私はその時は思っていたので
    やよさんの友達だからって変な人ばっかりじゃないよね?
    ……そんな風に思っていた時期が私にもありました。
    あの頃の自分は甘いとしか言えません。砂糖にはちみつを混ぜる位甘いです。
    今なら私も自分のことを「少し」変わってると認識できているのですが
    あの頃の私は「普通だもん」と思ってたしそう言い張っていました。
    ちなみに過去話を誰かに話した事がないからというのもあるし、
    その頃の事は正直棚に上げたまま埃(ほこり)を被った状態でした。


    535 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:17:22.94 ID:3STrqbet0
    苛めて欲しいという女の子(年上)を苛めるというのは
    そう難しくはありませんでした。
    ……やよさんにされたようにやればいいのでは?
    単純にそれだけなのです。
    相手の反応を見て弱点を発見し、緩急つけて攻撃する。
    ゲームのようなものでなかなかに楽しいのですが、
    私自身そーゆー気がないので、楽しいけど性的に興奮するかと言われれば
    「……興奮はしないけど楽しい……かな?」
    そんな感じでしたね。
    「ここがいいんですか?」
    「やらしいですね、こんなにして」
    全てがやよさんの模倣というか真似っこなのですが
    それが案外その人には好評で
    「……さんはS!」
    という噂がごく一部で流れ、
    その上……そっちの住人(同性愛者)だと結構長い間思われていました。


    537 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:23:20.82 ID:3STrqbet0
    できるからしてるだけで楽しんでしてたわけじゃないというのも
    どこをどう解釈してなのか「審美眼が厳しい」とか「普通の女の子にはもううんざりしてる」
    ……それやよさんのことでしょ?とか思いながらも否定するたびに
    「またwww謙遜しちゃって」とか言われるので、途中から否定する気もなくなってました。
    その上私は調子のりな気質(相手に求められると乗ってしまう)もあってか
    クラスの女の子に少し過度なスキンシップをしてしまい(だって、そういう期待されてるのわかったし)
    ますます「百合」疑惑を深めてしまったのであります。
    クンニとかしましたか?って質問にはYESとだけ。
    舐めるのも結構大変なんですねぇ……というのは正直思いました。
    その行為で興奮できるとまた違うのでしょうけど、
    「(気持ちいいのかな~)」程度の心構えで舐めてるのでは
    そういう中途半端な感じにしかできてなかったと思うので
    それを評価されると「(なんだかなー)」って気分になってました。

    簡単に失敗談をまとめるとこんな感じです


    542 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:43:18.81 ID:3STrqbet0
    コーヒーブレイク終了

    少しだけ気合いを入れます。
    約半年ぶりに眼鏡君から電話がありました
    「どしたの?元気にやってる?」
    私はその頃には振られた時の事を吹っ切ったつもりでいたし
    眼鏡くんからは久しぶりに会いたいと言われ、
    私も別にいいかな?と思っていました。
    「彼女は大丈夫なの?」
    「……会って話すよ」
    なんとなくですが眼鏡君の声の様子が暗かった気もしたので
    もしかしたら彼女と上手くいってないのかな?
    そんな風に予想して、
    眼鏡くんが会いたいと連絡してきたのはその事関連かな
    そう目星をつけていました。


    543 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:48:09.33 ID:3STrqbet0
    久しぶりに会った眼鏡君は別人のようでした
    アメリカで笑顔を失ったなかやまきんに君のように、
    目が死んでるって言葉が当てはまるようなそんな顔でした。
    眼だけじゃなく全体的にやつれてて、
    私は眼鏡君を眼鏡君だと認識できませんでした
    (別にコンタクトにしてたとかではない)

    「……どうしたの?」
    「なにが?」
    眼鏡君自身は自分の変化に気がついていないのか、
    それとも気が付いていないふりをしているのか
    ただ本当に生気というものがあまり感じられませんでした。

    二人で個室の居酒屋に行きました(お酒は二十歳になってから!)
    眼鏡君は私の近況を聞いてきて、やよさんを始めとする大学生活での
    新しい友達の話を当たり障りなく話しました。
    「それよりも何があったの?」そう聞きたいのをぐっと我慢しました。
    話したい事があるから会いたいって言ってきた。
    無理に聞きだすよりも話しやすいように話させてあげたい
    そう考えての事でした。


    544 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:50:35.41 ID:3STrqbet0
    眼鏡くんは慣れない様子で日本酒を口にしていました。
    「悪い、今日はちょっと酒に付き合って欲しい気分なんだ」
    「ん、いいよ」
    私は何も聞けませんでした。
    ただ眼鏡くんが時折話す話を黙って頷いて聞いていただけでした。
    話というのは端的にいえば亡くなった彼女の話でした


    545 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:54:19.97 ID:3STrqbet0
    眼鏡君の口から語られる彼女は、とても変わり者でした。
    でもそんな変わった彼女の事が本当に好きだったんだなって
    凄く伝わってきました。
    何気ない事や、彼女との話を語る眼鏡君の表情はとても優しく
    でもその事をとても悔やんでいるようでした。
    死因は交通事故でその責任は眼鏡君には決してないのですが
    「もし自分があの日……」
    そう言って自分を責めていました。
    「そうだね、君が悪い」
    そんな風に言えば良かったのか私にはわかりません
    「そっか、辛かったね」
    私にはそういうしかできませんでした。


    547 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:56:30.33 ID:3STrqbet0
    慣れないお酒を飲んで、眼鏡君は私に

    省略

    その時がきっかけで私は眼鏡くんとは微妙な距離になりました。
    友達以上、恋人未満の関係という奴ですね。
    眼鏡くんはお酒をあの日以降飲まず、私も彼に勧めず
    あの日の事も話題には出さない。
    ただ、なんとなく会って馬鹿な話をする関係になっていました。
    親密さで言えば付き合っていた時以上かもしれません。
    ですが、どこかお互いに遠慮があったのでしょうね。


    550 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 14:59:56.39 ID:3STrqbet0
    親しいし、眼鏡くんも私に遠慮がなくなっていました。
    「おまえは馬鹿かwww」
    そんな風に私の事を言うとは思っていなかった彼がそういうようになりました。
    そういう心理的な距離は近くなったものの、物理的な距離は遠く、
    触れる事さえ恐れるような、でも離れたくない。
    微妙な距離感ですが、お互いにどこか信頼しあってはいました。

    一時中断します


    554名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 15:30:10.19 ID:/WpONk4rO
    俺は小説とか全く読まないが、出来のいい小説とかこんな感じなのかなって感じた。
    創作云々とかいう事じゃなく、引き込まれ感がハンパない。
    中断と再開の間の取り方とかも何か絶妙。

    1の思うままに書いてほしい。
    書ききってさえくれれば全く文句はない。


    555 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 15:35:45.69 ID:3STrqbet0
    >>554
    書ききるつもりです
    ですが自分の内面と向き合うのは結構色々な葛藤や
    悩みを新たに見つめなきゃいけないので
    思ってた以上にエネルギー要るんだなって実感しています。

    少しだけ私の内面考察を書きます。
    私はもともと考えるのが苦手で、かといって
    「考えるな感じろ(どんしん、ふぃーる)」
    のような直感型の人間でもありません。
    敢えて言えば後者なのでしょうけど、
    私は考えるのは本当に下手なんです。
    勉強のように決まったものをやればいいだけのものは得意でした。
    答えがあるものに関しては上手でした。
    でも、答えがないもの。
    哲学的な、命題的な問題は苦手でした。
    「あるがままに受け入れる」理屈でわかっていても
    本当に自分がそれを実践できているのか不安でした。
    なりたい自分に慣れているのか自身はありません。それは今もです。
    でも、自分が歩んできた人生に関しては後悔しないし、したくない。
    それだけが私の持っているよいところだと思うのです。



    556 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 15:39:49.30 ID:3STrqbet0
    眼鏡君との微妙な距離は半年ほど続きました。
    離れず、つかず(逆ではなくこれで正しい)
    眼鏡君と私の間には相変わらず亡くなった彼女が横たわっていました。
    彼女への想いは本物で、私に逃げた事を責めようとは思いません。
    亡くなった人を愛していたという眼鏡くんの想いを知ってるからこそ
    私は彼の心の支えであろうと思っていました。
    憐れみとかそういうのではなく、
    ただ好きだから私がそうしたいと思ったのでしょう。
    実際はそんなに深く考えてないです。
    そうするべきだと思って行動した心理を後付けでいいように説明しているだけで
    もしかしたらそうすることで何かを期待していたのかもしれないし
    期待していなかったのかもしれません。
    困った人や弱った人を見たら手を差し伸べるときに何かを考えたりしないように
    あの時はそうすることが自然だったし、そこに理由は要らない。
    ただそれだけの関係でよかったはずなのに私はそれを壊したいと思っていました。


    557 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 15:43:11.72 ID:3STrqbet0
    今も何も推敲もせずに感じたままをタイプしています。
    誤字脱字が多くなるかもしれません。
    読みにくいかもしれません。
    でも、考えちゃうとそれは嘘が交じる、ノイズが交じる気がするのです。
    独占欲なのか、嫉妬なのか自分ではわかりません。
    大義名分としては「眼鏡くんが笑えるように」そう思っていました。
    大事な人の為に自分がなすべき事はなにか。
    やよさんが言っていたように
    「普通にしてりゃいいの」それをただ実践していただけでした。
    気にしない、鈍感な振り。馬鹿なキャラクターを私は演じていました。
    気楽に接せられるように。
    眼鏡君が私に女を感じないような馬鹿な女を演じていました。
    図々しく、厚かましく、それでいて眼鏡君が望むような優しい女を演じてきました。
    でも、そういう嘘って続かないんですよね。
    無理したって続きはしません。
    だって嘘だから。本当じゃないから。


    558 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 15:44:21.28 ID:3STrqbet0
    でも、私はそれができた。
    できちゃったですよねー私って。
    凄いなぁと思います。自分でも
    でも、そんな無茶してた事で私自身が歪んでしまったんです。

    中断します


    559名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 15:49:21.38 ID:F8/9qgFh0
    ここまで感受性高いのも大変だよな


    579名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 17:19:27.91 ID:P4MrYx410
    >>559
    でも自分の気持ちを言語化する能力があるから
    折り合いはつけられてそう


    563 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 16:30:54.35 ID:3STrqbet0
    私が歪んでたから眼鏡君が歪んだのか、
    眼鏡君の歪みにつきあって私が歪んだのかは
    ニワトリが先か、卵が先なのか
    そういう問題でしょうね。
    私は眼鏡君をやよさんに連れて行って貰ったSMっぽいお店に
    連れて行きました。
    「面白いところがあるから」
    あの頃の私はやよさんを演じていたんでしょうね。
    アブノーマルな事に抵抗がなく
    「誰でもそういう部分は大なり小なりあるから」
    そういう性に対してオープンで理解ある存在に
    「セ●クスなんて大した事ないでしょ?」
    そういうビッチな存在になろうとしていました。


    564 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 16:34:35.54 ID:3STrqbet0
    私は確かに色々な事に興味を持ってたけど本質的には
    多分普通のつまらない女なんですよ。多分
    思春期が少し遅れてたり、中2病だったりそういう事はあったけど
    中身は臆病者の小心ものです。
    だから、そういう憧れたりなるべき人物を借りることで自分を偽っていました。
    眼鏡くんは私の変わりように驚いていたようでしたが、
    でもその事で彼が救われていた部分はあったと思います。
    私が望むから、私が誘うから、逃げず、誘い、笑い、楽しんでるふり
    でも、私はそれを続けるうちに自分が本当にそれが楽しいのか
    それを求めていたのかわからなくなっていました。
    演技なのか、本心なのか、どちらでもいい事のようで
    本当の自分、元々そんなものなかったのかも知れないけど
    でも目的と手段が、手段の為の目的に入れ替わったような
    何かがちぐはぐとしたものになっていました。


    565 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 16:39:15.72 ID:3STrqbet0
    躁鬱という状況に近かったと思います。
    馬鹿だから、馬鹿なりにそうしているうちに
    自分が何を望んでいるのか本当に分からなくなってくる。
    私は眼鏡君に何を望んでいて、どうするつもりでそんな私を演じていたのだろう。
    本当の私を見せる事はできない。陰湿で、暗く、妬ましいと感じる私。
    私を見なさいと眼鏡君に言うべきだったかもしれません。
    でも、私はとっくに選択肢を間違えていて、そしてそれを選んだ事を後悔していませんでした。

    抽象的でわかりにくくてごめんなさい。
    眼鏡君は歪んだ性癖を私で発露させていました。
    別に歪んでいないのかもしれない。男性なら普通なのかもしれない。
    私を縛り、おもちゃで刺激し、
    おしっこを漏らさせたり、潮を噴かせることで
    性的な快楽を得ていたようでした。
    直接触れず、○×△□せず、ただ私を嬲り、いたぶり、興奮する。
    歪ませたのが私かもしれないと思うとその事は私にとって暗い喜びでした。


    566 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 16:42:03.62 ID:3STrqbet0
    射精はいつもあのフ●ラチオでした。
    興奮したそれを私に咥えさせ、私の泣き顔を見て喜ぶ。
    そういうことで興奮する眼鏡君を私は肯定していました。
    否定する必要なんかない。私はそれで満足だし喜んでる。
    「一杯出してくれて嬉しい」
    そう言い続けることで私はそう思い込んでいました
    「精液美味しい」
    そう言い続けることで私はそれを美味しいと思いこんでいました。
    「私って苛められないと感じないから」
    そういう事を口にすることで、自分がそう望んでいると思いこもうとしました


    567 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 16:44:34.68 ID:3STrqbet0
    気持ちいいのは気持ちいい
    でも、心と身体が結びつかない。
    気持ちよくなっている自分をまるで別の誰かのように感じる時があります。
    でも、身体は気持ちいいと言っている。
    心はどうなんだろう?そう思うと違うという答えが出る。
    でも、心を満たそうとすると全てが嘘になる。
    言えない、違う、私は満足している。
    そういう自分を見ないように、感じないようにしてきました。
    セ●クスなんて大嫌い。だから挿入されないほうがいいの
    そんなわけない。満たされない。愛されたい、犯されたい
    そういう心の内側に溜まった澱は溜まる一方で、噴きだす場所を持ちませんでした。


    568 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 16:49:17.19 ID:3STrqbet0
    自分の欲望と向き合って素直になればいいのにと私も思います。
    でも、今更それを出す事はできませんでした。
    私は嬲られて喜ぶ女で、
    私がいいと思った相手なら誰でもいいというような女で、
    眼鏡君の後に何人経験したか聞きたい?
    そんな事を平気で彼にいうような女なのです。
    彼が私の事をそれでも見捨てないのは、私の事を好きだから
    そう思う自分もいましたが、好きだからって彼ももう一歩も踏み出せない。
    私ももう踏み出せない。
    今の私たちはそういう危うい関係に成り立ってるのです

    中断します


    569名も無き被検体774号+[]:2012/11/02(金) 16:50:02.34 ID:pT3Ba5sb0
    最初のバター犬の面影が一切感じられない・・・


    573名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 16:58:56.33 ID:AAUPosAZ0
    >>569
    別の世界に来てしまった気がするな


    575名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 17:01:57.42 ID:PXjl93kw0
    ドラマ化決定だな
    >>1は菅野美穂で

    とにかく完走頑張れ!


    578名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 17:15:34.92 ID:O04TxenTO
    >>575
    同じく菅野ちゃん浮かべてた


    590名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 17:41:48.21 ID:2mQb9jc10
    やよさんは中島美嘉

    眼鏡は妻夫木ってところか


    591名も無き被検体774号+[]:2012/11/02(金) 17:42:38.47 ID:Y1D3JJXk0
    >>590
    子供時代はどうするか


    593名も無き被検体774号+[]:2012/11/02(金) 17:43:27.54 ID:EDZ//Jex0
    >>591
    私の中ではなぜか志田未来だったw


    594名も無き被検体774号+[]:2012/11/02(金) 17:47:41.15 ID:GoIcoDaL0
    >>591
    幼少期はクレラップのおかっぱの子だな


    609 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 20:43:13.49 ID:knXyLNYz0
    嘘をついた時間が長くなるほど本当のことは言い出せなくなる。
    でも嘘でもつき続ければそれは本当のことと何も変わらない。
    「人間なんて誰でも色々な自分を持っているし、自分に嘘をついて生きてる」
    それが世の中に自分を合わせることと言う意味では私はそれを否定しません。

    閑話休題(コーヒーブレイク)

    変態的な話を少しだけすると、おちんちんにピアス一杯つけた人を見たんですよね。
    その人とそのパートナーさんを。
    (これって持ち上がるんですか?)
    「これって持ち上がるんですか?」
    思わずそう聞いた私の目の前で見事に勃起したそれは銀色に輝いていました。
    でも、どっちかと言えばそのピアスだらけのおちんちんよりも
    「ご主人様のあれでかき回してもらえると幸せなの」
    そういえるあの方のほうが凄いなぁ…と思ったのでした。
    その二人の関係は主従関係として成り立ってて
    なんとなく羨ましいなと思ったある日の話でした。


    613 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 20:49:04.40 ID:knXyLNYz0
    閑話休題その2

    やよさんに「ねぇ尻尾つけてみない?」そういわれました。
    「尻尾ですか?」
    「そ、尻尾」
    「尻尾って?」
    「ネコの尻尾、可愛いよ?あとネコ耳も用意してるから」
    「やよさんはつけないんですか?」
    「私がつけて似合うと思う?」
    「……似合うんじゃないですか?」
    「何よwwその一瞬の沈黙は」
    あの時は確かハロウィン
    私とやよさん、眼鏡君、やよさんの友達(男性)の4人で
    とある仮装パーティーに参加したときの話です。


    615名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 20:50:24.69 ID:3EVTRzj+0
    >>613 やよいさんと眼鏡君てどんなやりとりするのやら


    619 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 20:59:47.67 ID:knXyLNYz0
    >>615
    やよさんは眼鏡君の事を「変わった子」「天邪鬼」そう評していました
    眼鏡くんはやよさんのことを「怖い人」って言ってましたね。
    やよさんは眼鏡君のことを嫌ってはいないものの、
    癖が強すぎて面倒そうだといってましたし、それは概ね当たっていると思います

    やよさんに「どう?……の尻尾可愛いと思わない?」
    「いいですね」
    眼鏡君に褒めてもらうのは嬉しい、でも、お尻に挿してるのは知られたくない。
    「触ってみ?」やよさーん!
    人事だと思って~ってそれを触る眼鏡君。


    617 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 20:53:58.40 ID:knXyLNYz0
    結局仮装は私とやよさん(私はネコメイド、やよさんは不思議の国のアリスの格好)
    男性人は普通に普段着で来て私とやよさんは「つまんないー」とぶーぶー言ってました。
    やよさんの男友達の方は年上の方で一見普通の方のように見えたのですが
    やよさんの友達って時点で普通じゃないんですね。わかります…と理解していました。

    といってもハロウィンのパーティーそのものは普通に仮装パーティーだったのですけどね。
    「やーん、ネコの尻尾可愛い♪」
    みんなにそういわれてましたけど、実は秘密がありました。
    「これどうやってつけてるの?」
    ……お尻に入ってるんです……とはいえません。
    やよさーん!と恨み言を言えたのは最初だけで、
    ずっとお尻に遺物が入った状況での
    仮装パーティー(パンツは一応履いてました)
    眼鏡くんに見られたらどうしようと私は結構どきどきしていました。


    620 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/02(金) 21:01:44.05 ID:knXyLNYz0
    ん……
    「尻尾が弱点なんだよねww」
    やよさんに苛められてるーって思うものの刺激にぞくぞくしていました。
    「これってどうなってるの?」
    興味をもつなー!
    「見てみたら?」
    「見ていい?」
    「見せてくださいってお願いしたら見せて」
    「お願い0します、見せてください」
    はやっ!! 対応早いよ!
    仕方なく、スカートをまくりました。ええ。仕方ないですし
    「……これどうなってるの?」
    「…お尻」
    「え?」
    「お尻に入ってるの(ぼそ)」
    「え?……ずっと?」
    かっちーん! そんな着脱できるなら苦労しないってゆーのにー
    「そーよ」
    「えーっと……気持ちいい?」
    「そう思うならつけてみる?」
    「遠慮します」

    ……そんな、昔のような他愛のないやり取りもあったんですよね。

    閑話休題その2終了


    632名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/02(金) 23:31:14.80 ID:BzO9FDbd0
    何も考えず楽しめる文章から
    言葉を失う程考えさせる文章まで
    なんでも書けるんだなコノ1は


    641名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 01:22:52.28 ID:Rd1Q2Q3P0
    あえて言おう

    うpまだ?


    647 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 02:56:27.52 ID:kp12FTLt0
    >>641
    するとしても最後ですねー
    正直する気はあんまりないのですが

    暗い話と明るい話は表裏一体なんですよね。
    楽しい思い出がなかったわけじゃない。
    昔よりも親しく、一緒に出かける機会も増えた。
    眼鏡君の運転する車でデート。名目はデートじゃなくても二人で出かければそれはデートでした。
    眼鏡君のデートは確かに変わっていて一般受けするものじゃないんですよね。
    早朝、お弁当作って出かけた先はスタジオジブリの映画に登場しそうな廃坑を訪れたり
    四季折々の美しさを愛でるだけの散策だったり……
    眼鏡君の彼女はこれを楽しめたってことは私と同類なのか、
    それとも彼女が変わり者で眼鏡君がそれに感化されたのか……
    それはわかりません。、


    649 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:01:38.48 ID:kp12FTLt0
    美しい景色を誰かと共有する。
    それが大好きな人とならとても素晴らしく、楽しい時間でした。
    それは疑いようのない真実です。
    十分満足した、楽しかった。
    その中にある嘘を私は自分で理解していました。
    満足していない。
    私はいやらしい女です。
    犯されたかった。ただ一心不乱に一片の気遣いもなく。
    あの時のように、獣の様に。
    結局は私はそういう目で眼鏡君を見ていました。
    私なんか大したことのない女で
    私と寝たからと言って悔やむ必要なんかない。
    後悔する必要なんかない。
    反省する必要なんかない。
    謝る必要なんかない。
    ただ自然にそれをして欲しいと素直に思ってた。
    だけど彼はそれを悔やんでた。
    だから言い出せなかった。
    だから言い出さなかった。
    後悔していない。私はそういう生き方しか出来ないから。
    彼が望むように、彼がなるべく後悔しないようにと思った。


    650 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:06:35.45 ID:kp12FTLt0
    本当は最初のうちは理解していました。
    好きな相手が亡くなったからといってすぐに次の相手に心が移るわけがない。
    残念、残心
    頭でわかっていても心が追いつかない。
    時が全てを癒してくれる
    そんなことはわかっている
    わかっていて尚思うんです。
    ただ彼に犯されたいって。
    それがとてもとても気持ちよかったから。
    求められる心地よさ。
    遠慮されないことの嬉しさ。
    女としての喜び。

    バカだなー

    自分でもそう思います。でも私と言う女は基本バカなんですよ。
    単純に本能に従っちゃう生き物なんですよ。
    妊娠するかもって不安と喜びがない交ぜになり、
    妊娠してないってわかったときは安心と残念に思う心が同居する生き物なんです。
    所詮自分は体裁をどれだけ取り繕っても一匹の雌でしかないんです


    651 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:11:28.64 ID:kp12FTLt0
    なのに言い出さない。
    バカそのものですね。
    バカの国からバカを広めに馬鹿舟に乗ってきたような馬鹿です。
    馬鹿というより愚かなんでしょうね。
    目的の為なら手段を選ぶべきじゃないし
    本心を隠すなんて意味あるの?
    私もそう思います。思うのですがそういう生き方しか私には出来ませんでした。

    嬉しくて泣いた涙が、悲しくて泣いた涙と思われて
    でもそんなことを気にしている彼が可愛くて
    彼のためと思って、彼のためにならないことを続ける

    「ねぇ、なんかエッチな動画みせてー?」
    「え? 何突然」
    「んっとね、なんかエッチな奴が見たいの」
    「……どんなの?ジャンルは?」
    「キミが好きなのでいいよー」
    「それじゃわからん」
    「何でもいいんだって」
    確かこういう会話でした


    652 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:14:40.45 ID:kp12FTLt0
    最初のうちは取り立てて代わり映えのしない動画でした。
    「ねー、もっとなんかないのー?」
    「しょうがないなぁ…」
    そうやって回数を重ねていくと見えてくるものがある。
    傾向と対策
    同じようなシーンが目に付くようになる
    共通点が増えていく
    そっか、眼鏡君はお漏らしとか緊縛(拘束)とかそういうの好きなんだ
    「ねー、なんか面白い動画ないの?」
    「しょうがないなー」
    私が何を思ってそんなことを言ったのか彼はきっと判ってないと思う。
    わかって貰える努力を何故しないんだろう


    654 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:19:13.34 ID:kp12FTLt0
    だからやよさんに連れて行ってもらったあのお店に眼鏡くんを案内するのは
    全くの抵抗がなかった
    「面白いとこがあるんだけど行く?」
    「…どこ?」
    「それは行ってのお楽しみ~」
    初めてそういう世界を見た彼はとてもとても興味深そうに見えた。
    憧れてた世界、したかったことを躊躇なくする世界。
    したいことをする世界。それはきっと彼が望んでいるものだと思った。
    それはきっと亡くなった彼女だって知らないこと。
    もしかしたら知っていたのかもしれない。
    受け入れてたのかもしれない。私に似た彼女ならきっとそうしてた。
    でも、眼鏡君はそういうことをきっと彼女には言い出せなかったと思う。
    その性癖が私とのことで発露したなら余計にそう。
    そう思うことで精神的な愉悦感を感じてる。そんな醜い気持ちでさえ
    自分を肯定するための材料なんですよね。
    そんなものでもないと私は自分に自信を持つことが出来なくなっていました。


    655 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:24:04.24 ID:kp12FTLt0
    人間は環境に適応する生き物だから
    数度通えば慣れてくる。
    刺激が薄れてくる。
    見てるだけで満足?

    するわけがない

    誰でもそうだと思う。
    相手が居ないから我慢しているだけ。
    自分で自分を慰めて我慢する。
    映像を見るだけで我慢する。
    でも心ではそういう相手を求めている
    そういう歪な自分を受け入れてくれる相手を求めてる。
    「いいよ?やってみる?」
    それでもその行為に抵抗があるのはわかってる。
    それが普通の反応。誰かに背中を押して欲しい。きっとそう思ってる。
    言い訳が欲しい。誰だってそう。
    強い人間ばかりじゃない。
    自分から一歩踏み出せる人ばかりじゃない。
    「おいで」
    そうやって手を伸ばして欲しいはず


    656 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:31:26.88 ID:kp12FTLt0
    「なーに?恥ずかしいの?」
    馬鹿にする、軽口を叩く。そうすることで相手の心理を少しでも軽くしようとする。
    「ま、好きにやってみたらいいから」
    性的な行為を躊躇しないほうがおかしい。心のブレーキは誰にだってある。
    それが踏めないのは精神的に幼いか精神異常者だけ
    「なーに今更格好つけてんの? 昔はお尻の穴まで舐めたくせにー」
    それを上手に外せてるとは言わない。
    だけど、挑発されて彼が怖気づくような性格でないのは私が一番知ってる。

    何度も彼のではない刺激で行かされる。
    電マで行かされ続ける。
    叩いていた減らず口が彼のおちんちんでふさがれる。
    「黙れ」
    そう言われてぞくぞくする。
    だから黙らない。
    塞がれたいから黙らない。むせても、涙が溢れても黙らない
    「もう打ち止め?」
    挑発する、誘う、もっともっととねだる、誘う
    余裕があるそぶりを見せる。大丈夫だって彼に思ってもらう。
    それが彼の理性の枷(かせ)を外す。
    彼の加虐性を刺激する。欲望を刺激する。


    657 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:36:05.19 ID:kp12FTLt0
    閑話休題そのさーん(3の倍数のときだけ馬鹿になります)

    「ねー」
    「ん?」
    「パソコン欲しいんだけど」
    「ん?何に使うんだ」
    「家にあるの壊れたからー」
    「だから何に使うんだ?」
    「ネットとか?」
    「うんうん、他には?」
    「他になんかあるの?」
    「……携帯じゃ駄目なのか?」
    「パソコンの話してるんだけど?」
    「じゃなくてネットに繋ぐだけなら携帯で十分だろ?」
    「なんで?」
    「……」

    「どれがいいの?」
    「予算は?」
    「知らない」
    「あほか」
    「だってわかんないんだもーん」

    とある日の会話です


    659 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 03:42:58.05 ID:kp12FTLt0
    閑話休題 その4(キリッ)

    やよさんとの会話
    「はいこれ」
    「……なんですか?これ」
    「家の鍵」
    「え?……なんで?」
    「ないと不便でしょ?」
    「ええ、たまーに私が寝てるうちに出かけちゃいますよね」
    「そうじゃなくて私が」
    「やよさんがですかっ!!」
    「うん、んで、早速なんだけど来月スペインに行くから猫に餌やりお願いね?」
    「あー、そっちがメインですかー」

    おかげで私はやよさんから合鍵貰ってる特別な存在扱いですよ。
    ますます「やよさんの彼女」ポジションに……


    662名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 03:58:04.47 ID:9iRW0EZx0
    この時間帯に読むのと昼間に読むのとでは全く違った感覚だ
    不思議だな、>>1の世界に引き込まれそうになるのに拒絶してる自分がいるよ
    深く感情移入しちゃいけない気がする


    663 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 04:08:21.71 ID:kp12FTLt0
    >>662
    なんか暗い話じゃなくって明るい話を書きたいんだけどねー
    実際、そんな対したことを書いてるつもりがないんですよね
    なんか語尾に「にゃ~」とか「なり~」をつけたら
    もう少しファンシーな感じになるのかな~と思ったりするなり~

    閑話休題(コーヒーリミットブレイク!)

    「なぁ」
    「なに?」
    「女のお前がエロ本読んで面白いのか?」
    「うん、面白いよー」
    「そうか?」
    「うん、なんかこういうの読んでオナニーしてるんだな~って想像するのが」
    「……」
    「精液ってこんなにたくさんでないよねー」
    「……」
    「ねぇねぇ~?」
    「黙れ」
    「黙って欲しかったらかかっておいで」
    「ここどこだかわかってるか?」
    「うん、キミの実家」
    「家族居るんだぞ?」
    「何を今更wwww」
    「出来ると思うか?」
    「私は気にしないよ?」
    「俺が気にするんじゃぼけー」
    「じゃぁ、ホテルでも行く?」
    「……」
    「半額出すよ?」
    「いかねーよ」


    665 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 04:16:40.16 ID:kp12FTLt0
    暗い気持ちになると引っ張られるにゃ~(精一杯の抵抗)

    傍から見れば二人の関係は上手く行ってるように見えたと思う。
    実際、やよさんの友達(女の子)に眼鏡君を紹介したときなんか凄かったにゃー
    初めて現実世界で「後ずさる(ずざざって後ろに引くあれ)」を見ました

    「え? あの、え?えええええええええええええ!!!!!」
    「?」
    彼女が何にそんなに驚いてるんだろう……?そう思ってたら

    「お、お、男もいける人だったんですか!!」

    ……え?
    ガチレズだと思われてたのか……やよさんと一緒に居る時間確かに長いけど
    でも、私が男連れてたらそんなに意外でしたかそーですか…


    666 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 04:20:57.71 ID:kp12FTLt0
    合コンに興味なく、男っ気なく、やよさんと一緒で部屋の合鍵も貰ってる
    それで私は愛人(彼女?)疑惑が出てるのは知ってたけど、
    多少冗談?って思ってた部分もあったけど、ガッチガチにそう思われてたんだ~
    と思うと結構ショックだったし、そのことを眼鏡君に説明したら
    「え~、疑われるってことはやっぱりそういうことが?」
    ありましたよ、ありましたけどー
    「そーゆーこと聞かないの。女の子同士ちょっとスキンシップ過剰なだけ!}
    うん、そーゆーことにしておきました。大幅に嘘は言ってない……はず

    閑話休題(それはさておき)

    実際、眼鏡くんの家にも普通に遊びに行ったりもしてたし、
    二人を知ってる(やよさんを除く)人からすると普通に付き合ってるようにしか
    見えなかったと思う。逆に「なんで付き合ってないの?」そんな感じだったと思うにゃー


    667 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 04:28:38.56 ID:kp12FTLt0
    キスをしない
    ○×▽□をしない(膣、アヌスに挿入をしないという意味)
    ただのじゃれあうような。
    ただ彼の欲望を受けとめるだけの関係
    それで満足、それ以上を望んじゃいけない。
    待たなきゃいけない。待つと決めてるにゃー
    でも、心の中でどこか思ってるなりー

    めんどくさい女だにゃー
    足りてないのに我慢して飢えてる
    その上彼が罪悪感感じないような配慮してるってゆーか
    そもそも眼鏡くん自身もきっと私と同じ。
    行為として、性癖として満たされてるとは思う。
    思うんだけどきっと彼は自分を傷つけてる。
    彼女じゃない相手に自分の欲望を吐き出してることに。
    どんなに慰めても、どんなに馬鹿を装っても
    彼は終わった後後悔してる。多分
    それは私も同じだから、そう思いたいだけかもしれないにゃー

    「そう思うなら止めればいいなり」

    そう思うけど止めれないし、止めたくない。
    矛盾してるし、あんた何がしたいわけ?って自分でも思うにゃー


    668 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 04:32:55.63 ID:kp12FTLt0
    気持ちいいと思う。
    私は昔と違ってフ●ラチオも上手になったと思う(多分だけどにゃー)
    とてもエッチに舐められるようになった。
    美味しそうに精液を飲むことも出来るにゃー
    大好きな彼のだから。
    でも、そんな事は言わない。いえない、言いたくない。
    わかって欲しい。

    そーゆーところで無駄に乙女してるから駄目駄目駄目子ちゃんなんだよにゃー

    「あのねぇ、わかって欲しいなんて女のエゴで男は言わなきゃわかんない生き物なんだって」
    やよさんにも何度かそう言われてる。
    それは正しい。
    少女マンガのようなマフィアのボスに見初められることを夢見てる幼い私じゃない。
    でも、言葉にするとそれは本当に違うものに変質すると思ってる。
    だから言えない、言わない、言いたくない。
    同情が欲しいわけじゃないんですよねー 
    もう、本当に面倒ですね。


    669 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 04:47:07.04 ID:kp12FTLt0
    「セ●クスしよ?」
    セ●クスがしたい
    でも、そうじゃない
    「お尻でもいいよ」
    お尻でセ●クスがしたい
    でも、そうじゃない
    「私と付き合わない?」
    今と何が違うの
    「彼女の事は忘れなくてもいいから」
    これは嘘、忘れて欲しい。
    「愛してください」
    今も愛されてる それは嘘じゃない 少し歪なだけ
    「気持ちいい」
    これも本当 本当に気持ちいい でもそれは身体の話

    男の子はどうなのかわからないし、他の女の子が私のように感じるのかはわかりません。
    身体が満たされると心も満たされるのかって。
    でも私たちは行為でしか相手の心を計る測ることができない。
    「愛してる」って100万遍言われるより、一度抱きしめてもらいたい、キスして欲しい
    言われたからするのでなく、そうして欲しいって思う。
    時に乱暴な行為でも受け止めてあげたいと思う。それが母性によるものか
    単なる性癖によるものなのかはわからないにゃー
    でも、自分にだからこそ見せてくれるその姿を嬉しいと感じることもあると思う。
    優しくされると嬉しい。
    でも、優しいだけだと不安になる。
    わがままを言って欲しい、本音をぶつけて欲しい。

    それは眼鏡くんも同じなのかもしれない。
    私が本音を言ってないのを見透かされてるのかもしれない。
    どっちが先に我慢できなくなるかの我慢比べ?
    そう思いたいだけ?
    都合のいい女?性欲処理に都合がいいだけの女?
    それは違う。それはわかる。大事にされてる。
    でも彼は亡くなった彼女も大事にしてる。
    それだけは私にだってわかってること。


    670 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 04:56:25.05 ID:kp12FTLt0
    同じところをぐるぐる回ってるにゃー

    と自覚してます。すみません。
    ここから先を書くのが正直自分でも躊躇いを覚えてるんだなってわかるけど
    それでもどこまで同じ話を延々と書いてるんDeath?

    このスレももうすぐ終わります

    その前に

    コーヒーブレイク(キットカットは大人味が美味しいと思う)

    少し中断します


    677 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 06:39:56.79 ID:kp12FTLt0
    メルティキッスは冬季限定なんだよね(ちょっと食べたらおなかがすいた…)

    私は気持ちいい事が大好きでした
    快楽を求めてた。
    もっともっと気持ちよくなりたいと思ってた。
    頭の中が真っ白になる感覚に憧れてそれを体験したこともあるよ。
    好きな人の手と大好きな人の手でそれを体験してる。
    それがどんなに幸せなことなのか、
    どんなに貴重なことなのかも理解している

    気持ちいい事は幸せなことだと思ってた。
    普遍的な価値観だと思ってた。気持ちいい事はいい事だって。
    もっともっと気持ちよく、もっともっと気持ちよくって思ってた。
    そう思うしかなかったから。
    辛いことも気持ちいい
    痛いことも気持ちいい、
    悲しいことも気持ちいい
    そんな私

    でも、今の私はそんな気持ちいい事が嫌いです。
    そんな自分が大嫌いです


    678 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 06:45:19.80 ID:kp12FTLt0
    気持ちよさに溺れる私は大嫌い
    気持ちいいのが好きだと思う自分が嫌い
    気持ち良くなんかないよ
    楽しくもない、嬉しくもない
    そんなものを求めてない

    あーこっぱずかしい

    違うんですよ
    そうじゃないんですよ
    気持ちよいとか良くないとかどうでもいいんです
    気持ちいいと幸せを感じるわけじゃない
    気持ちよくても幸せを感じられない
    寧ろ気持ちいいと悲しい。

    はぁ?何を言ってんだこいつ(AA略)
    自分でもそー思う
    理解してくれてると全く思えない。


    681 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 06:51:51.62 ID:kp12FTLt0
    私が幸せだと感じていないから
    不幸だと感じているから
    満たされてないからそう思う。
    気持ちよくてもそんなものに何の価値があるの?
    貪欲な私だから、知足の境地に至れないから
    求めているものはそんなに大したことがないのにそれが得られないから。

    あーもー何書いてるんだろうなー

    依存している
    歪な形で依存している
    愛してる 愛してる 愛してるって大事だって事
    大事すぎてもう苦しくてわけわかんなくって
    でもね、気持ちいいだけじゃもう満たされないんですよ。
    満たされないって一度思うともう駄目なんですよ
    贅沢かどうかなんか関係ないんですよ

    足りない 決定的に足りてないんです
    この馬鹿女には
    何かが


    683名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/03(土) 06:53:49.90 ID:Bt29g9eu0
    普通に愛がほしいと?


    685 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 07:03:01.73 ID:kp12FTLt0
    >>683
    同意を貰えるとあんまり思わない事をここから書きます。
    批判上等です。OKOK(かもんかもん)

    あのですね、

    「膣内(なか)に出して!」

    Deathよ。

    男にはわかんないでしょうね。
    女にもわかんないかも?(処女には)

    あのですねー好きな人に中で出される多幸感わかります?
    まぁ、正直に言いますが痛かった!(血が出たし)
    痛いけど幸せなんですよ。
    女として満たされるというか、子供が出来るかも?そう思うと不安と心配もあるけど
    子宮から満たされていく感じ……わかるっかな?(わかんねーよ)
    あの時の彼が大好き。
    獣のようなセ●クスが大好き。
    痛かったよ。でもその痛みが愛おしい。
    気持ちいい?わかんない。痛かったよ。泣いたのが痛みなのか幸せなのかわかんなかったよーにね!
    でもね。私は彼に蹂躙されて喜んだのか、中で出されて喜んだのか。
    単純にそうなりたいのかわからない。
    結婚して子供つくって…そういう幸せな将来を想起できるから
    そういう行為を極端に思いで補正(美化)してるだけなのか。
    でも、そーゆーのもうどうでもいいんですよ。
    つーかですね、女を気持ちよくさせて満足感じるってゆーなら
    女だって好きな人が気持ちよくて「出ちゃった」って情けなく言われても
    嬉しいものなんですよ。
    わかります?わかるかー(ここテストに出ます)
    自分の身体で気持ちよくなってもらえたら嬉しいんですよ。
    自分だけが気持ちいいじゃ駄目なんですよー
    聞いてるか? ここのアドレス教えてでしょ?


    684 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 06:55:39.50 ID:kp12FTLt0
    ツンデレってあるじゃないですか

    馬鹿ですよね。
    素直なほうが100倍可愛いですし、賢いですよ
    素直に言えばいいだけ
    「愛して欲しい」って
    ねだればいいんですよ。
    言わなきゃわかんないんですよ。
    伝わらないんですよ。
    そういう部分で私は退化してる。
    昔のほうが欲望に、自分に忠実だった。
    今は違う。嘘ばっかり
    本心を曝け出すことが恥ずかしい、恥ずかしい、怖い
    怖い、怖い、嫌われるのが怖い、こんな私が好かれるわけがないって
    どこかで思ってる。
    いえない、言わないほうがいい、打算で生きてる。
    こうしたほうがって打算で生きてる。
    それは普通で当たり前のことってまた言い訳してる。
    なのにそのことで文句を言ってる

    さいてー(でも、チョコは美味しい)


    686 ◆VvVPrfdu4bhb []:2012/11/03(土) 07:05:22.99 ID:kp12FTLt0
    私から言えることは
    私ってのはこーゆー最低女ってことDeath
    一からちゃんと読むように。
    それでも私はあなたのことが大好きです。
    素直になれない私ですが、
    良ければ付き合ってください。

    私は本当にあなたのことを愛しています。


    駄目なら駄目と言うように


    to KY

    FROM RN



    688名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/03(土) 07:07:39.97 ID:OED+U5480
    ほう。スレで告白とな。
    >>1はやっぱ斬新だ。


    694名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 07:51:32.25 ID:6d0xNxwZ0
    最初のバター犬からここまでくるとはw
    これは神スレだ


    696名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/03(土) 08:05:47.09 ID:vUA2S0VL0
    眼鏡君は幸せだな
    こんなに真剣に想ってくれる人が居て
    二人とも幸せになれよ!


    700名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 08:27:21.70 ID:J4gD41YzO
    おぉ告白か
    やっぱこの>>1すごいな

    眼鏡君ようこそ!


    704名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 09:09:41.15 ID:0net5sVw0
    >>1は文才あるな~
    久々良スレ

    しかしなぜか水野ちぱるブログを読んでるような気持ちになるのだが…


    708名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/03(土) 10:04:21.34 ID:goq5d03UO
    >>704
    自分はエヴァ見てる感じがした

    暗いときはレイ
    空回りはアスカ
    葛藤は葛城
    ねこは真希波

    よりにもよって眼鏡君のイニシャルがKYとはw
    眼鏡君の眼鏡うp

    >>1、身体の芯から満たされるといいね


     
    711名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 11:10:14.71 ID:msFgxS4/I
    鳥肌たったー
    女性の心の機微をここまで文字にできる1スゲー
    眼鏡君、膣内もためしてみたらいいと思うぞ



    720名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 13:17:20.41 ID:5St5MqHPO
    こんな斬新なスレ、長い2ch歴で初めて見た。
    破綻しそうな危うさを垣間見せつつも、とてつもなく太い芯を持ってる感じ。
    1は人間としてだいぶレベル高いと思う。

    ひょっとしたら眼鏡君もこのスレ最初から見てるんだろう。
    後日談は忘れずに。


    ちなみにほかの奴なら進行に1か月とかかかっても不思議じゃないレベルの文章量w
    1は文章を生業にしてるか、これからする人か?


    727名も無き被検体774号+[sage]:2012/11/03(土) 16:06:29.00 ID:wh95PZUa0
    なんてスレだ…
    最初から最後まで構成考えて書いたのかよすげーな


    751名も無き被検体774号+[]:2012/11/03(土) 23:31:05.07 ID:5oJ5glLg0
    まさに2chのびっぷらで愛を叫ぶ

    だな

    最後は潤った ありがとう


    760名も無き被検体774号+[]:2012/11/04(日) 02:32:25.23 ID:nlIeBKc50
    なんかすっごい変態で狂ってると思いきや、行き着く先はごくごく普通の愛だったっていう。

    みんな、特に女の子の人は程度の差はあれ、みんなこうじゃないかなー。愛する人に中出しして欲しいなんて、みんな思ってるよ。文書にするととてつもない事の様だけど、実はごく普通な感情であり想いだと思う。それぐらい女性は複雑だ。


    782名も無き被検体774号+[]:2012/11/04(日) 17:23:21.71 ID:zykzhrH80
    スレタイからは想像できない内容だった
    おもしろかったです!


    813名も無き被検体774号+[]:2012/11/05(月) 11:07:34.58 ID:JxF6TaUPO
    素晴らしい…。
    一気に読んだ。
    こんなスレ初めてだ。



    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1351595027/


    好きな女に告白したら人生狂ったwwwwwwww

    年下男に求愛され続けてた話していいですか

    兄に告白したったwwwww

    【閲覧注意】妹のおし●こ苦すぎワロタwwwwwwww










    
                       
    Error回避

    オススメ記事

    こんな記事はいかかですか

    コメント

    無名の信者 2012年11月05日 17:20 ID:BC39dHH.0 ▼このコメントに返信

    長過ぎwwwww

    名無しさん 2012年11月05日 17:20 ID:BZ4MwYXo0 ▼このコメントに返信

    おっさんなげーよ

    無名の信者 2012年11月05日 17:27 ID:7E26Sm200 ▼このコメントに返信

    きも

    無名の信者 2012年11月05日 17:35 ID:JxjEzhfS0 ▼このコメントに返信

    長すぎ
    自分で書いてて恥ずかしくならんのかね、おっさん

    無名の信者 2012年11月05日 18:17 ID:xaQhglKP0 ▼このコメントに返信

    無駄が多過ぎて途中で読むの止めた。下手過ぎ
    ()内の註釈削れ。余計な例えすんな。同じ事何回も書くな

    無名の信者 2012年11月05日 18:34 ID:2aemDlTl0 ▼このコメントに返信




    内容が面白かったから長いとは全然思わなかった。

    自分と境遇が少し似てて(小学生の頃)読んでて面白かったʕ•̫͡•ོʔ

    無名の信者 2012年11月05日 18:43 ID:GaRmeWk50 ▼このコメントに返信

    とても感動しました
    面白かったです!




    まぁ読んでないけど

    無名の信者 2012年11月05日 18:47 ID:pHpSsU.00 ▼このコメントに返信

    よくわからないけど頑張ったね
    素直になるって大切だよなあ

    無名の信者 2012年11月05日 19:05 ID:jJkaPOx20 ▼このコメントに返信

    なんで批判多いのw
    とりあえず文才はんぱない

    10 無名の信者 2012年11月05日 19:11 ID:GaRmeWk50 ▼このコメントに返信

    メンヘラ女の日記か

    11 無名の信者 2012年11月05日 19:21 ID:gkS.Qwq60 ▼このコメントに返信

    まとめ民ってバカッター民と兼用の奴多いからな、そりゃあ140字以上の文章は読めないだろうw
    そして何でもおっさんだと決め付ければ良いと思ってるのはまとめしか見ないなんちゃってネラーなまとめ民の特徴

    後日談とかあったらちゃんとまとめるんだろーな?

    12 無名の信者 2012年11月05日 19:25 ID:504D5N.40 ▼このコメントに返信

    神スレ!

    13 無名の信者 2012年11月05日 19:40 ID:lcxb.KEQ0 ▼このコメントに返信

    途中で眩しくなって盛り下がるところ見てない

    14 無名の信者 2012年11月05日 20:11 ID:lcxb.KEQ0 ▼このコメントに返信

    忙しくて時間のないねらーが合間に見るのがまとめなんだけどな
    暇なら本スレに行けばいいのにまとめ見にきて自分の手持ち無沙汰さを誇示して何がしたいのか

    15 名無しさん 2012年11月05日 20:36 ID:rXPEFf3.0 ▼このコメントに返信

    んで、肝心のうpは?
    おっさん認定していい?

    16 名無しさん 2012年11月05日 21:06 ID:I7eLBrDG0 ▼このコメントに返信

    KY…おれのことか

    17 無名の信者 2012年11月05日 21:29 ID:Hklv4ILnO ▼このコメントに返信

    私男だけど木彫りのくだりで玉ヒュンってなった。

    18 名無しさん 2012年11月05日 21:37 ID:aqVVmZ2F0 ▼このコメントに返信

    いいものよんだ

    19 名無しさん 2012年11月05日 21:43 ID:p5fahlRw0 ▼このコメントに返信

    ※欄のやつらも素直になれよw

    20 名無しさん 2012年11月05日 21:54 ID:nilqDrO.0 ▼このコメントに返信

    苦労したな

    眼鏡くん

    21 無名の信者 2012年11月05日 21:58 ID:ee1yxBBb0 ▼このコメントに返信

    これは文学だな

    22 無名の信者 2012年11月05日 22:08 ID:xtcP5mBo0 ▼このコメントに返信

    携帯小説かと思いました

    23 1 2012年11月05日 22:19 ID:np5XFSVS0 ▼このコメントに返信

    頭の中がお花畑の人が比較的多く集まるここのまとめで批判※がでるあたり、ろくなないようじゃないんだろうな

    24 無名の信者 2012年11月05日 22:32 ID:P41sSQQs0 ▼このコメントに返信

    私は途中で止めたけれどもそこはそれ、好き嫌いの範疇。文章書き慣れてる人だね

    25 無名の信者 2012年11月05日 22:33 ID:ndrZcydvO ▼このコメントに返信

    長かったけどスラスラ読めた
    素晴らしい

    26 無名の信者 2012年11月05日 22:42 ID:BO5Oypwl0 ▼このコメントに返信

    長いわ
    産業でまとめろ

    27 無名の信者 2012年11月05日 22:55 ID:U0arNsM80 ▼このコメントに返信

    クズが改心していい話ぶるのやめろ
    改心してやっと普通以下だ

    28 名無しさん 2012年11月05日 23:30 ID:5bXMTx2n0 ▼このコメントに返信

    一応全部読んだ

    笑うしかないわ、コレwww

    JS6の時に俺と出会っていればな…と妄想もしたwww

    29 名無しさん 2012年11月05日 23:33 ID:vJRYHmzl0 ▼このコメントに返信

    おい若干特オタ臭するぞw

    30 K 2012年11月05日 23:35 ID:5G3ptyCL0 ▼このコメントに返信

    事実っぽいがここまで来ると小説みたいに思える。脚色してあるのもわかっている。ただ、読んでしまうのだ。

    入り方が良かった。後半だけだったらケータイ小説()と唾棄したかもしれない。違うな。これは事実だな。

    何故か…あり得るんだ。女だから?いや、男でも。こういうことがあり得る。様々な本人たちから話で聞いたことがあるから、多分、本当のこと。

    一体、彼らの日常は、なぜ俺のと全く異なるのか。そこにある違いを、俺は一生知り得ないのかもしれない…。
    それは、もう知ることはない、だろう。

    31 無名の信者 2012年11月05日 23:40 ID:P0IG9B.t0 ▼このコメントに返信

    眼鏡くんと結ばれますようにヾ( ^ω^)ノ

    32 名無しさん 2012年11月05日 23:40 ID:6Pxnlm4g0 ▼このコメントに返信

    あんまり絶賛するのもなんだかなぁと思うけど、生業にできそうなくらいには文才がある。エッジが効きすぎて俺は買わないけど。

    33 無名の信者 2012年11月06日 00:10 ID:.gBoVmcD0 ▼このコメントに返信

    素晴らしい

    34 名無しさん 2012年11月06日 01:53 ID:Gz.oD3Al0 ▼このコメントに返信

    ただの恋愛脳が極まってるだけじゃん。
    逆に男の方は本当に単純にセフレとしか思ってないかも

    35 無名の信者 2012年11月06日 02:02 ID:jFIzIEyu0 ▼このコメントに返信

    私が書いてるのかとおもったwww
    すげーわかる

    36 無名の信者 2012年11月06日 02:35 ID:N6eOP.vR0 ▼このコメントに返信

    童貞こじらせたおっさんにしか

    37 無名の信者 2012年11月06日 03:06 ID:6u3ynU.W0 ▼このコメントに返信

    メンヘラくせえ

    38 無名の信者 2012年11月06日 03:33 ID:ZUv6ZZjm0 ▼このコメントに返信

    余計な表現
    あっちこっちに飛ぶ時系列
    読みづらい文体

    >>1は日本語勉強してからこれ書けよ

    39 無名の信者 2012年11月06日 04:34 ID:.jbbKdaX0 ▼このコメントに返信

    すっげえ面白かった
    すっげえ面白かった

    40 名無しさん 2012年11月06日 07:42 ID:r2bDpoll0 ▼このコメントに返信

    この手の女の独白系って読み物としてジャンルあるのかなあ。

    41 無名の信者 2012年11月06日 09:24 ID:dKGBSFPg0 ▼このコメントに返信

    こういうの好きな人、菜摘ひかるとかかなり同じ系譜だよー
    人の期待に過剰に応えるアダルトチルドレン系のエンタメ部分が前に出た軽くて読みやすいがわざとらしさが若干鼻につく文章、
    それでいて脆くていつも愛に飢えてる、そんな自分を客観視して文章化できる才能。
    とても似てる。

    42 無名の信者 2012年11月06日 09:52 ID:8wQ8MiiYO ▼このコメントに返信

    後半からぐったりした

    43 りちゆん 2012年11月06日 13:05 ID:lGEswfTr0 ▼このコメントに返信


    ただ普通に愛されたいだけなのに遠回りしてから回りしてる自分がいる


    なんか、すごく感情移入しました。

    44 名無しさん 2012年11月06日 19:58 ID:UzntN.m10 ▼このコメントに返信

    長すぎ三行

    45 無名の信者 2012年11月06日 20:41 ID:4yDizNFL0 ▼このコメントに返信

    最初の小学生時代の展開クソワロタけど、いつの間にか小説読んでる気分になった。

    46 無名の信者 2012年11月07日 00:17 ID:h2y1N.zw0 ▼このコメントに返信

    花村萬月の青春モノみたい
    荒くていいやん

    47 無名の信者 2012年11月07日 06:59 ID:EevENht80 ▼このコメントに返信

    膣内に出されたいってのは壊されたい
    って感覚に近いんだと思う
    全身全霊をかけて男に寄りかかれる幸せ
    というか、寄りかかってるし寄りかかられてる
    そんな状態
    どこかでいつか無惨に捨てられてもどうすることも
    出来ない、またどうしようとも思わない
    それだけ自分を委ねきることが出来る喜び
    利用され蹂躙され尽くされ捨てられても仕方ないような線を生きてる
    綱渡りな感覚に快感を感じるんだろうな。
    うまく言語化できないがこんな感じ。

    これはボーダーか共依存やらかした人じゃないと
    わからんだろうなー

    48 無名の信者 2012年11月07日 07:01 ID:EevENht80 ▼このコメントに返信

    文章がきもすぎて読めたもんじゃない。
    けど内容は哲学的だと思うぞ

    49 名無しさん 2012年11月07日 08:11 ID:MtXef0ow0 ▼このコメントに返信

    最初は面白かったけど長すぎだれる

    50 名無しさん 2012年11月07日 13:51 ID:r5t4MHHp0 ▼このコメントに返信

    全く整理されていなくて長い…
    言いたいこと全部言っただけの駄スレ

    51 名無しさん 2012年11月07日 13:55 ID:tFlazGBU0 ▼このコメントに返信

    つまらんし長いし。。
    こんなんで文才あるとかよっぽど馬鹿なんだな
    校長先生のお話みたい

    52 無名の信者 2012年11月07日 22:05 ID:dcMDAHue0 ▼このコメントに返信

    面白かったよ
    一時間かかったけど笑

    53 名無しさん 2012年11月08日 14:57 ID:18NeKKRg0 ▼このコメントに返信

    貴重な描写力
    まとめきれないところに、〈女性〉っぽさを感じる


    書き手の思いが満たされるよう、願ってる

    54 名無しさん 2012年11月08日 19:09 ID:kHL0JHy.0 ▼このコメントに返信

    本スレに再降臨発見
    移動しよっと

    55 無名の信者 2012年11月10日 19:57 ID:2SpdO8l10 ▼このコメントに返信

    語尾のにゃーとかコーヒーブレイクのくだりとかが鳥肌がたつくらい気持ち悪い
    内容も俺には単なるかまってちゃんのチラ裏にしか思えんかったわ

    56 無名の信者 2012年11月10日 20:29 ID:bWCRQ2ij0 ▼このコメントに返信

    最初は面白かったけど
    後半はただのメンヘラの日記だった

    57 無名の信者 2012年11月10日 21:20 ID:2350h6Tw0 ▼このコメントに返信

    まとまってないとこも、すごくグルグルしてる感情が伝わってくる
    最後は、想像してなかったから感動した ありがと

    58 名無しさん 2012年11月11日 19:37 ID:Snhwdkzf0 ▼このコメントに返信

    こういう女の性欲全開物語はもううんざりだわ・・・
    なんとなく全部読んだけどやっぱり嫌い
    自分が満たされたいがためにスレを立てて
    しかもそれを告白のための踏み台にするとかもうホント自分勝手極まりない
    自分の私情に赤の他人を巻き込むなよ

    59 無名の信者 2012年11月11日 21:04 ID:EzuZZlejO ▼このコメントに返信

    後半は自分語りだったなw

    60 名無しさん 2014年07月03日 22:11 ID:NUe3EntK0 ▼このコメントに返信

    面白いと思ってつけてるのか知らんけど () を余計に入れるのやめろや

    

    いたしん週間記事ランキング

    人気記事
    最新記事
    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    ブログパーツ

    アクセスランキング ブログパーツ ワキガ治療 家庭教師 熊本 アクセスランキング